マクラーレンは、チームの不振の原因だとしてきたホンダのパワーユニットをルノーに載せ替えた今年も、一向に信頼性が上向く様子がありません。


これまで発言してきたトップチーム、トップシャシーといった言葉とはかけ離れた現状を、海外のF1ファンたちはどのように受け止めたのでしょうか。





神よ。ファッキン神よ。

僕はまだ生涯マクラーレンファンだけど、昔のように楽しくはなくなってしまった。

マクラーレン+煙。この象徴的なデュオに名前を付けよう。待ってるよ。

アロンソ・アンド・うつ病?

マクラーレンファン・アンド・うつ病。

僕とゾロフトの処方箋。

セルトラリン(英語: Sertraline)は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI) と呼ばれる抗うつ薬の一つである。アメリカでは1991年に承認され、ゾロフトの商品名でファイザーより発売されている。日本では、ジェイゾロフトの商品名で2006年より薬価収載。


引用元:Wikipedia

マクラーレンファン 1


🙁

ハミルトンと「君たちは最高の観客だ」

マルドナードとバリア。

フェラーリと来年。

ハッキネンと「イエス」。

自身の評判を維持したいなら、マクラーレンは直ちにこの故障の連続を止める必要がある。ペースは良いが、この悲惨な信頼性は見栄えが悪い。


トロロッソがよくやっているという事実はこの悲惨さを浮き彫りにしている。

ペースも良くないよ。トップ3チームはアロンソのハイパーソフトのタイムをミディアムで上回っている。(4段階も固い、4段階も!)

タイヤについてはまだ確かでないところもある。


バルセロナはタイヤに厳しいから、1周が終わる前に使い切ってしまう可能性がある。去年はグランプリでソフト、ミディアム、ハードを使っていたのを思い出してほしい。ハイパーソフトがグリップを失うのがどれだけ早いか、想像できるだろ。

バルセロナの路面は張り替えられているから、去年よりずっとタイヤに優しくなっているかもしれない。

これは希望的観測だな。上位チームがハイパーソフトで記録したタイムを見てくれ。同じタイヤで1.8秒も速い。

リカルドはハイパーソフトで2回目のアタックをしてファステストを記録した。


マクラーレンが隠れる場所はどこにもない。レッドブルと直接比較されるし、ルノーワークスに匹敵することも望めない。

> 自身の評判を維持したいなら


評判を維持する? 簡単だ、初戦までに問題を解決することだ。しかし、それをすべき理由には、その他にもっと重要なものがある。

シーズンが始まってからの気温を考えたら、冷却の問題は深刻になるな・・・。

冷却に何が起こってるんだ? サイドポッドはそんなに小さく見えない。コーラボトルの形もトップチームほど極端ではないし。

うん。でもエアボックスが小さい。

エアボックスは冷却目的ではないよ。

僕は専門家ではないけど、一部はエンジンに行って、残りは冷却に使われる。ザウバーは4つのエアボックスを持っていて、端の2つは冷却に使われる。間違っているかも知れないけど、これが僕の解釈だ。

トロロッソのガレージにいる日本の奴らは余裕だろうな。

正にその通り。





マクラーレンファン 3


お願いだマクラーレン。僕はもう1年これに耐えられるか分からない。神よ、どうか彼らを初戦までにまともにしてください。

アロンソ。行いの報いが全部帰ってきたな。

僕は真剣にアロンソが原因だと思っている。彼の運転が下手だとか、開発ができないとかじゃない(疑いは持っているけど)。ただ単純に・・・


パニック! チャンピオンが取れる、圧倒的で究極なマシンを早く作って! じゃないとアロンソ出て行っちゃうよ! パニック、パニック、パニック!


だからさ。

あらゆる報道で、アロンソはチームに専念すると主張している。同時にGP2発言もしたけど、彼は何もせずにチームを批判したことはないよ。


ドアの向こうで何かを言っても、それは別の話だ。アロンソが他にどこに行けるっていうんだ? 彼はどこにも行けない。くだらないコメントだね。

まただ。まただアロンソ。


ア ロ ン ソ ま た だ よ。

多分、マクラーレンは信頼性の分野で三味線を弾いているんだ。頭良いな。よくやったぞマクラーレン。よくやった。

「ははは! あいつらを釣ってやったぜ! 俺たちはQ1も突破しなかったし、あいつらもっとショックを受けるぜ、これから俺たちがトップに・・・、あれ?」

マクラーレンファン 2


最終戦までノンストップの三味線だ。:(

少なくともマシンは格好良いよ。

ハミルトンがこれを見たら、2012年のトラウマがぶり返すぞ。

これは全てホンダのせいだ。

ホンダファン


やれやれ。

パパイヤ Hype Train は パパイヤ Hype 平ボディトラックになった。


(コラージュ画像はこちら)

Hype Trainとは、(※中略)高いレベルの期待を表すために使われるスラングである。


参照元:Know Your Meme https://goo.gl/n5VKeh

パパイヤは本来の生息地では美しく見えるな。

僕が分かる唯一の違いは、トラックの方はスポンサーを維持できてるってことだ。

それに、トラックはまだ走ってる。

トラックはルノー社製かな?

ルノーの車ってロードアシスタンス付いてるの?

新モデルなら、イエスだ。少なくともヨーロッパでは。


記事をお読みいただきありがとうございます。
テスト6日目はマクラーレンファンの嘆きが一段と大きくなりました。ホンダとホンダファンの3年間を考えれば、今はこれくらい受け止めていただいてもよろしいかと。まだ今後どうなるかも分かりませんしね。


下記のURLなどからテスト中の走行情報や画像を見ることができます。

  • https://www.f1today.net/en/ (画面右側「TEST SESSIONS」から当日欄の「LIVE」をクリック)
  • http://live.autosport.com/ (「Formula 1 Testing 2018」内の「Live now」とある日付をクリック)
  • https://goo.gl/LWzRW9(Youtubeで現地から生配信されている方のチャンネル)


参照元:Reddit https://goo.gl/gi3EKV https://goo.gl/5Abryr

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    16 コメント

    1. シャシー、プラットフォーム第一のマクラーレンにとってホンダPUは下請け
      専属PU供給となったトロロッソにとってホンダはワークス
      思い上がったマクラーレンは一回ドン底に落ちて欲しい

    2. ま、まだストーブリーグですからね。ホンダは新型NSXでもベテランジャーナリストにボロクソに言われたし、まだまだ再起動の途中だと思うんで。シビックタイプRは頑張ってる感じだけど…デザインでボロクソに言われてますねw ま、でも期待してます!

    3. 同じルノーのPU積んでる他チームには何の問題もないのに枕だけが排熱問題を抱えており、
      一周冷却時間を挟むか三味線弾かなきゃ完走さえできない。テストしょっぱなに最速タイム狙ってから
      あとはテスト度外視で周回数稼ぎに躍起になってる姿は滑稽を通り越して憐れみさえ覚えました。
      今の惨状で表彰台を期待できる程F1は甘くない事は、かつての名門チームなら周知の事実でしょうから
      開幕戦までに底力を見せて貰える事を期待しております。最も資金や開発力にそんな余裕があればの話ですが。

    4. 車の性能はF-1だろうが軽自動車だろうがエンジンから車体から構成する要素の総合力だからな。
      いかに良いエンジンを積んでも他が駄目ならダメ。逆もしかり。
      犯人探しして責任をなすりつけ合うチームはたいていダメになるもんだ。

    5. 「殴る以外すべて」をやってアロンソとマクラーレンは望んだものを手に入れたんでしょう?良かったじゃないですか、ついに望んだ未来がやってきましたよ。

      • >信頼性の分野で三味線を弾いているんだ

        日本の技術ってここまで馬鹿にされるほど落ちぶれちまったのか。

        マクラーレンはルノーなので日本と関係ないですよ?

    返事を書く

    コメントを入力してください
    名前