F1のシーズン前テストは現地3月9日に最終日を迎えていますが、アロンソが乗り込むマクラーレンはターボのトラブルが発生し、マシンをコース上に止めてしまいました。


もはや日常と化したマクラーレンのトラブルに、海外のF1ファンたちはどのように反応したのでしょうか。




Turbo/Cooling failure for Mclaren?




マクラーレンはターン7で止まった・・・。第1セクターで今日最速を刻んだ直後だった。

おいいいい! 頼むぜマクラーレン!

やあ、暗闇よ・・・。


いや、もう笑い事じゃないぞこれ。

ちょっと、僕は歓迎したいんだよ!! ò.ó

爆笑。

からのおおお、マクラーレン停止。・・・また。

僕の落胆は無限大だ。僕の一日は滅茶苦茶になってしまった!

不運だ・・・。 くそおおお。

君は同じチームが何度も何度も壊れることを ”不運”と言うのか?

ワオ! xD

マクラーレン - 2012年から落胆し続けるファン達

マクラーレンまだ壊れてないの.com

頼むよもおおおおファッッッッッッック

前と同じ場所で止まってるような・・・。

#パパイヤの呪い

エリック・ブーリエ曰く「小さな問題」かな。

McLaren fan
なんてことだ、何故僕たちにこんなことをするんだマクラーレン?

一方その頃、トロロッソは最多の周回を重ねていた・・・。

おい、どうやったらマクラーレンがルノーパワーユニット搭載チームで唯一トラブルだらけになるんだ!!

それはマクラーレンがベストシャシーを持っているからさ!

パッケージが部品に優しくないからだ。マクラーレンの設計は一切の余裕を無くして攻めすぎだ。

また同じオイル漏れのようだ。

McLaren fan 2
いっそ殺してくれ。

McLaren fan 3
凄く気分が悪いよ。

パパイヤ漏れか。

アロンソは確実に呪われてるな。

因果応報だ。

この調子だとオーストラリア(※初戦)でペナルティ食らうな。

McLaren fan 4
それじゃ、エンジン交換が終わる6時間後にまた戻ってくるよ。

Redditor 1
くそ。15分目を離した隙にまたマクラーレンが止まっていやがる。マジでなんとかしてくれ。オイル漏れはエンジンの問題じゃないし、こんなのはもう解決しているべき基礎中の基礎だろ。


初日、奴らはタイヤのナットをまともに締めることもできなかった。今はオイル漏れを繰り返している。昨日のゾッとするほど(しかし爆笑ものの)ピット練習は言うまでもない。

1秒たりとも目を離してはいけません! マクラーレンには総合的・継続的監視が必要です。

過去3年間、僕はマクラーレンにオイル漏れはPUの問題だと教えられてきたんだけど・・・、へ~・・・。


追記:考えてみると、オイルタンクはPUの一部だった。

Redditor 1
トロロッソがホンダエンジンで問題無く走っているのを見れば、マクラーレンの怠慢じゃないとは言えないだろう。最低でも五分五分だ。

マクラーレンは木曜日しか動かないな。

やった、それならモナコのFP1とFP2は準備万端だ。


記事をお読みいただきありがとうございます。
タイミングが良かったので、珍しく時間差少なめでのアップです。


マクラーレンはこれまでに様々なトラブルが出ていますが、熱害が全ての原因だとしたら、初戦までに一気に解消できる可能性はまだ残されていると思います。果たしてどうなるでしょうか。


引用元:Reddit https://goo.gl/RhE2t9

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    15 コメント

    1. どんなにエンジンの出来が良くても排熱&冷却できなきゃ良いクルマにはならないって事さ
      たぶんマクラーレンは外側の空力ばっかりに気を取られて内部に負担かけまくる構造なんだろうね

    2. テスト期間に何度もPUぶっ壊しながらも最後に意地を見せて二位(17秒台)に載せてきましたね。
      他チームが車の問題を炙り出しに努める中、唯一「速さの証明」に拘った枕らしい結末です。
      先日、最速タイムを記録したベッテル曰く「現状タイムに特に意味はない」そうですが、
      枕の上層部は額縁に飾ってさぞご満悦な事でしょう。現場は排熱問題の懸念や稚拙なピット作業で
      頭を抱えてそうですが。成果第一主義のテストに上層部と現場とで不協和音がありそうな予感。

      一方でトロロッソは予定通りにテストを終えつつ最後にPUの異常を検知できたのは正に僥倖でした。
      問題が起こらないのも問題ですからね。何の根拠もない素人考えですが今年のトロロッソには期待してます。

      • 枕は一発の速さだけを追求してタイムをだしてみせたけどレースセットが全く走れていない、もしくは、アタックしてはチャージラップを挟んで周回を稼ぐといった姑息な枕営業にみえましたね

    3. マクラーレンは、さすがに排熱の対策はそのうちなんとかしてくるとは思うけど開幕戦に間に合うとは思えないな。

      ずっとラップタイムを出すことに注力していたから、不具合のあぶり出しもレースシミュレーションもハイパーソフト以外のタイヤ評価もろくにできてない。

      少なくとも開幕戦はろくな競争力が無いだろうし、開幕して数戦はろくに走れずにリタイアを繰り返すんじゃないかな。
      さすがにチーム規模が違うから、後半はある程度挽回してくるだろうけど、それにも限界があるし。

      一発の速さは見せてくれても、色々な要因でちっとも結果に結び付かないのは、去年までさんざん見せられてきたからなぁ。

    返事を書く

    コメントを入力してください
    名前