2018年のF1開幕戦オーストラリアGPは、土曜日のフリー・プラクティス3(FP3)を終えました。


セッション前の雨の影響でウェット路面からドライ路面に変わっていったため、タイムから読み取れることはありません。海外のF1ファンたちの反応も少なめでした。




順位 ドライバー チーム タイム タイム差 周回数
1 ベッテル フェラーリ 1:26.067 15
2 ライコネン フェラーリ 1:28.499 +2.432s 13
3 エリクソン ザウバー 1:28.890 +2.823s 14
4 フェルスタッペン レッドブル 1:31.680 +5.613s 8
5 サインツJr ルノー 1:33.172 +7.105s 11
6 リカルド レッドブル 1:34.043 +7.976s 14
7 ボッタス メルセデス 1:34.174 +8.107s 14
8 ハミルトン メルセデス 1:34.225 +8.158s 7
9 バンドーン マクラーレン 1:34.233 +8.166s 15
10 アロンソ マクラーレン 1:34.298 +8.231s 13
11 ガスリー トロロッソ 1:34.990 +8.923s 16
12 ハートレー トロロッソ 1:35.438 +9.371s 16
13 シロトキン ウィリアムズ 1:35.589 +9.522s 16
14 ストロール ウィリアムズ 1:35.828 +9.761s 8
15 グロージャン ハース 1:36.171 +10.104s 6
16 ルクレール ザウバー 1:36.448 +10.381s 12
17 マグヌッセン ハース 1:36.807 +10.740s 7
18 ヒュルケンベルグ ルノー 1:38.482 +12.415s 8
19 オコン フォース・インディア 1
20 ペレス フォース・インディア 1

参照元:Formula1 Twitter



リプレイ時の効果音が消えた!

超感謝だわ。

このセッション、意味ないよな?

うん。

いいや、フェラーリがその他全チームを5秒離している。三味線弾きを止めたんだ。

Alonso Fan
アロンソが1位だ。FP3と予選を中止して、今の順位をスタート順位にするんだ。

アハハ、FIAは走行時間を増やすために追加のインターミディエイト・タイヤを配ったのに、チームはみんな「ふん、いらねえよ」だなw

アロンソの無線越しの文句が戻ってきた。全くもって順調なようだ。

予選の前にドライ路面の感触を確かめる機会を失った。予選でのセッティングを調整して、より速く走るチャンスを失ったのは、文句を言うに値する。

”残り10分”の画面表示は俺が見てきた中で最も不要なものだ。残り10分なんて見れば分かる。画面に書いてあるだろうが。

残り2分になって残り時間の文字が赤くなったら、君は見えていないに賭ける。

今日の予報ではさらに雨が降ることになってるの?

地元の予報は曇りはするが雨は降らないと言っている。

良くやったぞマーカス(※エリクソン)。

フォース・インディアは出なかったの?

彼らは出ても意味が無いと思っていた。予選もレースもドライが予想されているからね。理に適っている。

正直言って、今年はまだ意味のあるテストやフリー・プラクティスを一度も見ていないよね。未だにチームの序列が分かってないというのは、良いことだと思うけど。


確かに、まだテストの続きをやっているという感じで、記録をあれこれ言うのは難しいですね。雨が降ったこともあり、反応は少なめでした。


しかし、もうすぐ今年初めてのガチンコ勝負である予選がやって来ます。チームの序列を知らずに見ることができる最初で最後の予選ですから、皆さん楽しんでください。
記事をお読みいただきありがとうございます。

参照元:Reddit https://goo.gl/mrcvEA https://goo.gl/SQrEw6

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    5 コメント

    1. トップ3とハースはともかくとして、中団がダンゴ過ぎて、コンディションや展開次第で結果がどのようにでも転びそうな感じ。

    2. トップ3も接戦、中段もザウバー除いてそれぞれ団子状態で去年より白熱してると思う。
      4番目は去年から準備を進めてきたハース。これはトロロッソにとって来シーズンの希望の象徴とも言える。
      枕も意地は見せたけどQ3は厳しかった、でも前向きな要素も多い。あとは本番で信頼性を証明できるかどうか。
      いやー、これ位の混戦の方が見てる側は面白いですな。今シーズンは楽しめそうですw

    3. トロロッソの二人はどうやら経験の差が出ちゃったみたいね。
      まあ、予選の結果は車の性能の立ち位置的にこれではダメ過ぎるから、決勝はもうちょっと戦えるとは思う。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前