F1第2戦のバーレーンGPは、決勝レースを終えました。優勝はポール・トゥ・フィニッシュを決めたベッテルでした。トロロッソ・ホンダのガスリーもトップ3チームで完走した3台に次ぐ4位入賞を果たしました。


レースはスタート直後からトラブルが相次ぎました。後方スタートのフェルスタッペンはハミルトンと接触してマシンを傷めてリタイヤ、リカルドもマシントラブルでリタイアしました。中盤にはタイヤ交換の失敗でライコネンもリタイヤし、3強6台のうち3台が消えました。


ベッテルはレースを牽引しましたが、ベッテルが2ストップを視野に入れたソフトタイヤに交換したのを見計らって、メルセデス勢はミディアムを選択、そのままベッテルに追いすがり、ベッテルが2ストップ目を行うとトップから陥落してしまう展開を作りました。


しかし、ベッテルはソフトタイヤで40周近くを走りきる驚異的な走りを見せ、最終周ですぐ後ろまで迫ったボッタスの追撃をかわして優勝しました。


そして特筆すべきは、3強の6台が減ったことで空いた席の最上位となる4位でゴールしたトロロッソ・ホンダのガスリーです。ペースは中位勢の中で安定して速く、レース序盤を除いてアタックされることはありませんでした。


海外のF1ファンはこの結果をどう受け止めたのでしょうか。





決勝結果

順位 ドライバー チーム タイム差 ポイント
1 ベッテル フェラーリ 1:32:01.940 25
2 ボッタス メルセデス +0.699s 18
3 ハミルトン メルセデス +6.512s 15
4 ガスリー トロロッソ +62.234s 12
5 マグヌッセン ハース +75.046s 10
6 ヒュルケンベルグ ルノー +99.024s 8
7 アロンソ マクラーレン +1 lap 6
8 バンドーン マクラーレン +1 lap 4
9 エリクソン ザウバー +1 lap 2
10 オコン フォース・インディア +1 lap 1
11 サインツJr ルノー +1 lap 0
12 ルクレール ザウバー +1 lap 0
13 グロージャン ハース +1 lap 0
14 ストロール ウィリアムズ +1 lap 0
15 シロトキン ウィリアムズ +1 lap 0
16 ペレス フォース・インディア +1 lap 0
17 ハートレー トロロッソ +1 lap 0
NC ライコネン フェラーリ DNF 0
NC フェルスタッペン レッドブル DNF 0
NC リカルド レッドブル DNF 0




ドライバーズ・ランキング

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ベッテル フェラーリ 50
2 ハミルトン メルセデス 33
3 ボッタス メルセデス 22
4 アロンソ マクラーレン 16
5 ライコネン フェラーリ 15
6 ヒュルケンベルグ ルノー 14
7 リカルド レッドブル 12
8 ガスリー トロロッソ 12
9 マグヌッセン ハース 10
10 フェルスタッペン レッドブル 8
11 バンドーン マクラーレン 6
12 エリクソン ザウバー 2
13 サインツJr ルノー 1
14 オコン フォース・インディア 1
15 ペレス フォース・インディア 0
16 ルクレール ザウバー 0
17 グロージャン ハース 0
18 ストロール ウィリアムズ 0
19 ハートレー トロロッソ 0
20 シロトキン ウィリアムズ 0




チーム・ランキング

順位 チーム ポイント
1 フェラーリ 65
2 メルセデス 55
3 マクラーレン 22
4 レッドブル 20
5 ルノー 15
6 トロロッソ 12
7 ハース 10
8 ザウバー 2
9 フォース・インディア 1
10 ウィリアムズ 0








#手に汗握る展開

バーレーン2018
パート1:オーバーテイク祭り
パート2:戦略
パート3:緊迫した争い

ファッキン激しかった。

トロロッソのガスリーがホンダPUを載せて4位!?

アロンソの偽アカウント
どういうことだ。ホンダに負けたぞ。

因果応報!

GP2エンジンを載せたマシンに負けるの図。

アロンソ、ガスリーは君より速い(※faster than you)。分かったかい?

マクラーレンがゴミだからだよ。去年の彼らはとても傲慢だった。シャシーはベストで、悪いのはホンダだけだとね。


しかし、もう僕たちはシャシーがクソだってことを知ってしまった。

ああ、これが起こるかもしれないと知っていたよ。


君はあの日本人たちを馬鹿にすることはできない。彼らがそこでやっていたのは、ただ働くことだ。

スリリングな終幕だった。ボッタスはベッテルを食ったと思ったよ。


ガスリー、トロロッソ、そしてホンダは素晴らしい仕事をした。週末を通してだ!

ボッタスが最後のDRSゾーンの前でタイヤを軽くロックアップさせた瞬間・・・。

Ferrari fan 1
僕はその時、机の上で小さなパーティーを開いたよ。

代償は来年のメルセデスのシートだ・・・。

違う。ベッテルは終わったタイヤでずっと走り続けた。マシンを送り届けたベッテルの努力の賜物だよ。

マクラーレンとホンダの離別は、お互いが真に進歩するという珍しい状況になりつつある。

レッドブルとルノーの関係が面白くなりそうだ。

もしもホンダがトロロッソと関係を続けられるなら、レッドブル・ホンダがすぐそこまで来ていることに疑いの余地は無いね。

評価 -63
マクラーレンがいなくなってホンダが進歩した、だろ。

マクラーレンが悪いとして、どうやってアロンソがチャンピオンシップ4位になれるんだ?

まだ2レースだ・・・。僕はアロンソファンだけど、その見方はただ馬鹿馬鹿しいよ。

アロンソが今4位なのは、とんでもなくラッキーだったからだよ・・・。もしもハースがナットの締め方を知っていれば、アロンソは10位だったかもしれない。

(※ガスリーは三強のうち3台がリタイヤした恩恵を受けた。それだけの恩恵があればマクラーレンだって5位だった時に4位になれた。まだトロロッソは4位に値するレースペースを示していないから、大したことは無いという内容の長文)

ガスリーの4位に賞賛が集まるのは当然として、エリクソンの9位にもそれを送ろうじゃないか。1ストップ作戦のザウバーでなんて走りだ。

ベッテルは一体どうやってワンストップを完遂したんだ。

スーパーソフトとソフト。ピレリですらそれが可能だと思わなかったに違いない。

次のグランプリでは、全チームの半分はソフトを使ってのワンストップ作戦に切り替えるだろう。カオスになるよ。

Alonso fan 1
ホンダの復帰以来で最高の結果。げふっ、僕がホンダに吐いた言葉をまだ飲み込まないといけない。

トロロッソ・ホンダがマクラーレン・ホンダの3年間の結果を上回るまでにかかったのが2レース。ほとんど経験の無いドライバーを乗せてだ。素晴らしいよ。

マクラーレンはPUの変更に対処しきるだけの時間が無いと弁解している。トロロッソも同じ船に乗っているけど、そのPUは去年は燃え盛るクソだったものだ。今年のホンダも進歩しただろうけど、マクラーレンの見栄えは良くないな。

マクラーレンは今、コンストラクターズ3位だけどね。

希望の光だね。アロンソもドライバーズ・チャンピオンシップで4位だ。


さあ、ライコネンがもっとメカニックを轢いてリタイヤして、時々レッドブルも2台揃ってリタイヤすることを願おうか。あと、ホンダが1台か2台ブローするのもね。

ガスリーは素晴らしいレースをしたね。4位は驚くべき結果だ。ガスリーが「僕たちは戦える」と言った無線、どこかで聞いたことがあるような・・・。


(※前戦でアロンソが5位でゴールした直後の無線と同じ台詞です)

アロンソの精神衛生を全く気にしないガスリーのジョーク。いっちゃってるぜ。

Ferrari fan 2
”Grazie Ragazzi”もやりやがったぞ。完全にやばい奴だ。


(※”みんなありがとう”。フェラーリ時代のアロンソも使っていた言葉)

理論的にはトロロッソはイタリアのチームだし・・・。それでもクールだよ。

Ferrari fan 2
「理論的には」じゃない。実際そうだ。本部はファエンツァにある。僕の中では今でもミナルディだよ。

マクラーレンとの友情関係は終わりだ。今の僕のベストフレンドはトロロッソだ。

トロロッソ・ホンダよ、永遠なれ!


凄いです。フリー・プラクティスと予選で見せたペースは本物でしたね。


マクラーレンのファンと思しき人たちは、ここ2戦の結果を出してトロロッソの上に立とうとしていましたが、個人的には開幕戦のマクラーレンの5位よりも、今回のトロロッソの4位の方が価値が高いと思います。


ガスリーはVSCがらみの恩恵も、抜きにくいサーキットの恩恵も受けていません。それに、そういう人たちがしきりに強調していた3強3台のリタイアが無ければ、ガスリーは7位で6ポイント、アロンソは10位の1ポイントしか取れない計算になります。


MLBでは大谷選手の話で持ちきりですが、トロロッソ・ホンダも負けていませんね。記事をお読みいただきありがとうございます。
参照元:Reddit https://goo.gl/nGFffS https://goo.gl/uAxyMy

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事


    Warning: A non-numeric value encountered in /home/spolia/spohan.jp/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694
  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事


    Warning: A non-numeric value encountered in /home/spolia/spohan.jp/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694
  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事


    Warning: A non-numeric value encountered in /home/spolia/spohan.jp/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694
  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事


    Warning: A non-numeric value encountered in /home/spolia/spohan.jp/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694
  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事


    Warning: A non-numeric value encountered in /home/spolia/spohan.jp/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694
  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事


    Warning: A non-numeric value encountered in /home/spolia/spohan.jp/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694
  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事


    Warning: A non-numeric value encountered in /home/spolia/spohan.jp/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694


  • コメントIDは日替わりです。

    16 コメント

    1. マクラーレンが悪くない(正しい)のなら
      上位陣が減ったすんげえラッキーな今回のレースでの最上位である4位にアロンソが
      5位にバンドーンがいなくては話に筋が通らないんだよね
      第3戦でトロロッソが上回ったらもうホンダに関連してマクラーレンの話はいらないでしょ
      上の話をしよう

    2. パワーOK、燃費OK、信頼性もまだこのレースいっぱいの範囲だがOK。タイヤライフOK、ガスリーにミスなし素晴らしい!ハートレーもまた完走OKペースもOK。
      Now we can fight, go ahead!

    3. 初戦が残念な結果に終わった時、恐らくはここのサイトに自分が書き込んだであろうコメントを指して
      嘲笑された時は悔しかったけど昨日のレースはそんな事もうどうでも良くなる位に感動的でした。
      ガスリー4位も凄いしアロンソも流石だった、ベッテルはもっと素晴らしかった!
      フェラーリのクルーの事故だけが残念でしたけど、久々に手に汗握ってF1を観戦できて本当に楽しかった。
      中段勢の戦いが本当に面白いので、トロロッソもマクラーレンも是非このまま頑張ってほしい。

    4. 今年は平穏に、トロロッソ、ホンダ、新人ドライバー2人の成長を楽しませてくれるだけで良かったのに。
      テストで期待を持たせ、初戦で絶望させ、2戦目で最高の結果を出すなんて、もうテンション全開で応援するしかないじゃないか。

    5. 初日にデータ取りのために従来パッケージでの走行を行ったハートレーと
      一週間で完璧な修正を行ったHONDAに敬意
      四年目にしてサクラ咲く

    6. トロロッソのチームの特性として、ドライバーに経験値を積ませないと存在意義が喪失してしまうので、今期は信頼性を最優先で結果はついてきたらラッキー程度の認識で良かったと思うんだけど、2戦目でこれは胸が熱くなるな。

    7. マクラーレンはファンも含めてゲスいのばかりなんだね…
      むしろホンダは成長してないかもよ、シャーシがまともになっただけかも
      フェラやメルセデスのエンジン載せてもマクラーレンでは結果が残せなかった可能性が見えてきた

    8. マクラーレンの人たちの炎上商法というか過激発言で湧いた素人にわかなんで空力??そんなに意味無い部分だろう
      スピード出すために必要なウェイトは動力源のPUの方がずっと重要だろうから本田批判はそうか当然か
      と思って見てたけど……
      今回の見てると空力とやら外側のいろいろな重要性に初めて知ることになった試合だった

    9. 簡単にいくと、空力ってのは空気の壁への抵抗を減らすものと、もうひとつ、マシンを押さえつけて安定させるものがあってこっちは前に進む抵抗になる。マクラーレンがどうこうってのは、まあ、自分で調べて冷静に判断すればいいと思うけど、個人的には未来に続く明日の話をしようと提案したい。

    10. 空気抵抗は凄く重要。特に最高速は空気抵抗がかなり影響する
      メルセデスPUでもマクラーレンに積めば、ホンダやルノー程では無いにせよ、最高速は落ちる
      それなのに、ホンダが他のチームに供給してないことと、見苦しい弁解が嫌いな日本人であることを良いことに好き勝手言ってきた
      それを無知な人達は信じてきたけど、まともな人達は空気抵抗が大きいのも理由の一つだろうと反論してた
      そのことが今回で証明されただけのこと

    返信する

    コメントを入力してください
    名前