2018年のF1第3戦・中国GPは、金曜日のフリー・プラクティス(FP)1,2を終えました。


トップタイムはFP1,2共にハミルトンが記録しました。2番手には今年のFPで速さを見せているライコネンが続き、その後も概ね下馬評通りにチームが並んでいます。


トロロッソ・ホンダは、FP1で11位、FP2で12位が最高位と、ポイント圏内にはわずかに足りない位置にいます。決勝でのポイント獲得は成るでしょうか。


海外のF1ファンの反応を見てみましょう。





FP1タイム結果

順位ドライバーチームタイムタイム差周回数
1ハミルトンメルセデス1:33.99922
2ライコネンフェラーリ1:34.358+0.359s14
3ボッタスメルセデス1:34.457+0.458s28
4リカルドレッドブル1:34.537+0.538s22
5フェルスタッペンレッドブル1:34.668+0.669s22
6ベッテルフェラーリ1:34.861+0.862s18
7マグヌッセンハース1:35.178+1.179s21
8サインツJrルノー1:35.616+1.617s23
9グロージャンハース1:35.718+1.719s21
10ヒュルケンベルグルノー1:35.800+1.801s18
11ガスリートロロッソ1:36.037+2.038s21
12アロンソマクラーレン1:36.044+2.045s29
13ペレスフォース・インディア1:36.051+2.052s28
14オコンフォース・インディア1:36.351+2.352s32
15シロトキンウィリアムズ1:36.691+2.692s31
16ハートレートロロッソ1:36.715+2.716s23
17ルクレールザウバー1:36.723+2.724s23
18バンドーンマクラーレン1:36.756+2.757s25
19エリクソンザウバー1:36.909+2.910s21
20ストロールウィリアムズ1:37.277+3.278s28








キミ(※ライコネン)がこの調子なら、来年も契約できそうだ。

もしくは、良いところで止めたいのかもしれない。

キミがやっとマシンを好きになってくれて良かった!

アロンソVSガスリー、これが僕が中位勢で追っているバトルだ。

勝者は「僕たちは戦える」と発言する権利を得る。僕もこの戦いを後押しできるよ。

「僕たちは本当に戦える」「僕たちはもっと戦える」「僕たちはそれ以上に戦える」


どちらかがもう一方より高い順位でゴールする度にこれをやってくれたら、楽しいだろうな。

Haas fan 1
まだフリー・プラクティスだけど、マグヌッセンは良く見える。

Alonso fan 1
マクラーレンはアップグレードを入れたと思ったんだけど?

まだプラクティスだ。一日中プッシュしているわけじゃない。

Alonso fan 1
何も変わったように見えなかったんだ。明日かFP2には入るのかな。

マルカ(スペインのスポーツ紙)は、アップグレードがバルセロナまで延期されたと報道していたよ。本当かどうかは知らないけど。

Toro Rosso fan 1
極めて普通な結果だ。トロロッソの2人がウルトラソフトを履いたらトップ10に入るはずだ。セッション終盤にハートレーがハースに引っかかっていなければもっとペースを上げられたはずだけど、まだプラクティスだからな。


ハースはダブルポイントを取れると良いね。彼らにはその資格がある。

何だか今週末のフェラーリは、ダメージを最小限にするための戦いになりそうだ。ハミルトンが凄く速そうだよ。

FP2タイム結果

順位ドライバーチームタイムタイム差周回数
1ハミルトンメルセデス1:33.48226
2ライコネンフェラーリ1:33.489+0.007s26
3ボッタスメルセデス1:33.515+0.033s27
4ベッテルフェラーリ1:33.590+0.108s27
5フェルスタッペンレッドブル1:33.823+0.341s26
6ヒュルケンベルグルノー1:34.313+0.831s30
7マグヌッセンハース1:34.458+0.976s26
8サインツJrルノー1:34.473+0.991s28
9リカルドレッドブル1:34.557+1.075s26
10アロンソマクラーレン1:34.632+1.150s23
11ペレスフォース・インディア1:34.792+1.310s30
12ガスリートロロッソ1:34.849+1.367s33
13オコンフォース・インディア1:34.874+1.392s30
14バンドーンマクラーレン1:35.163+1.681s22
15ハートレートロロッソ1:35.333+1.851s37
16シロトキンウィリアムズ1:35.340+1.858s31
17エリクソンザウバー1:35.624+2.142s29
18ルクレールザウバー1:35.916+2.434s26
19グロージャンハース1:36.471+2.989s26
20ストロールウィリアムズ1:37.147+3.665s19








日曜日には、またヒュルケンベルグとマグヌッセンのバトルが見られるかな。

おお、トップ4は僅差だな。

6位から16位も1秒以内だ。 #中位勢が面白い

グロージャン、それからストロールのマシンもその中に加われるだけの性能があるだろう。今年は全体のペースが2秒以内に収まるんじゃないかと思う。

ああ、ここ何年かで一番タイトな中位の争いになっている。トップ3以外のトップ争いは熾烈になるぞ。

> #中位勢が面白い
貴様、このRedditでハッシュタグなんて使いやがったのか。

モデレーターに通報するんだ。そいつは生涯BANになるぞ。

#ハミルトンをBANしろ

貴様、このRedditでハッシュタグなんて使いやがったのか。

モデレーターに通・・・、あれ・・・。

マグヌッセンとグロージャンはなんでこんなに離れてるの? 何か問題でもあった?

ロマン(※グロージャン)はスピンした。

キミ、僕の期待を煽らないでくれ!

心配いらない。フェラーリはライコネンをタイヤ戦略のための情報収集に使うか、メルセデスの戦略を狂わせるために使うかして、ベッテルが勝つから。

Redditor 1
キミは今年のFP選手権では敵無しだな。本当に驚くべきパフォーマンスだ。

歴代でも最強レベルだ。マッサとウェバーが同じレベルにいる。

Redditor 1
2011年のスパのFP2、あの時のウェバーのパフォーマンスは忘れられない。レッドブルをその年のFP選手権トップに押し上げたことには、今でも涙を禁じ得ない。


(※同レースでウェバーは予選3位、決勝2位を獲得しています。優勝はチームメイトのベッテルでした)

それって侮辱だよね。


開幕から2戦が過ぎてあちらの書き込みも落ち着いてきたので、FP1と2をまとめて1記事にしてみました。


FP2のラップタイムを斜め読みした限りでは、今回のトロロッソ・ホンダはポイントが取れたら良いな、くらいの位置でしょうか。今のところ、バーレーンGPの時ほど予感させるものは見当たりません。


それでも、チームの経緯からすれば、ポイント争いができそうなだけでも凄いことです。前戦の結果とは比較せずに応援したいと思います。
記事をお読みいただきありがとうございます。


参照元:Reddit https://goo.gl/mhWUrY https://goo.gl/t8RQc1

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    8 コメント

    1. トロロッソはドライバーの経験が、マクラーレンはパワーがそれぞれ難点って感じですかね。
      前者はそもそも若手育成部門だから当然として、後者はルノーPUの真価を発揮できず一層深刻な感じ。
      特それでもポイント取ってるレース巧者っぷりは素晴らしい。ただ、もし来年アロンソ抜けたら厳しそうですね…。

    2. フェラーリはもう完全にメルセデスと争えるところまできたな
      実際2勝だしね
      レッドブルはいよいよルノーエンジンのハンデをシャシでカバーできなくなってきたかな

    返事を書く

    コメントを入力してください
    名前