2018年のF1第4戦アゼルバイジャンGP・フリープラクティス2(FP2)のデータをグラフ化してご紹介します。

設定欄からグラフの情報量を変えられるようになっています。PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。

表示が破綻するようなバグがありましたらお知らせください。




FP2 結果

順位ドライバーチームタイムタイム差タイヤ周回数
1リカルドレッドブル1:42.795US35
2ライコネンフェラーリ1:42.864+0.069sUS33
3フェルスタッペンレッドブル1:42.911+0.116sUS27
4ボッタスメルセデス1:43.570+0.775sUS25
5ハミルトンメルセデス1:43.603+0.808sUS31
6アロンソマクラーレン1:43.700+0.905sUS34
7オコンフォース・インディア1:43.814+1.019sUS30
8サインツJrルノー1:43.834+1.039sUS36
9マグヌッセンハース1:43.977+1.182sUS29
10ヒュルケンベルグルノー1:44.091+1.296sUS33
11ベッテルフェラーリ1:44.127+1.332sUS38
12ペレスフォース・インディア1:44.142+1.347sUS31
13グロージャンハース1:44.425+1.630sUS27
14ストロールウィリアムズ1:44.459+1.664sUS31
15ガスリートロロッソ1:44.712+1.917sUS39
16ルクレールザウバー1:44.940+2.145sUS30
17シロトキンウィリアムズ1:45.007+2.212sUS33
18ハートレートロロッソ1:45.051+2.256sUS36
19バンドーンマクラーレン1:45.288+2.493sSS29
20エリクソンザウバー1:46.042+3.247sS9



全画面表示

全要素
軸反転
全体表示
点情報切替
点強調選択
Y軸上限
Y軸下限
線の太さ
点の太さ
全要素
軸反転
全体表示
点情報切替
点強調選択
Y軸上限
Y軸下限
線の太さ
点の太さ






トロロッソについて:
ガスリーのセッション終盤のペースを当てにすれば、トップ3チームとルノーとフォース・インディアはトロロッソ以上、ハースとマクラーレンは同格、ウィリアムズとザウバーはトロロッソ以下、といった感じでしょうか。
希望を抜きにすると、ウィリアムズやザウバーとやっと同格という見方もあると思います。

トップ3チームについて:
フェラーリよりレッドブルの方が良さそうに見えます。ハミルトンは2セット持ち込んでいるソフトで良いタイムを出していますが、決勝で使うつもりなのでしょうか?

FPのデータをグラフ化してみて気付いたところでは、FPは時間と周回数が一致しないので、グラフのx軸は周回数よりセッションの経過時間にした方が直感的なグラフになりそうです。
また、この手のグラフを絶望的に見にくくしているのはグラフの範囲外にある点と結んだ線だということも分かってしまいました。そういう点とは線を結ばないオプションを付けられれば見やすくなりそうです。
それを実現しようとなると、またしばらくなけなしの英語脳が行方不明になること確実なのが問題ですが。

一番大事な速報性については、グラフ表示機能の不具合が枯れてくれば早くなってくると思います(願望)。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    返事を書く

    コメントを入力してください
    名前