2018年のF1第4戦アゼルバイジャンGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。

設定欄からグラフの情報量を変えられるようになっています。PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。

表示が破綻するようなバグがありましたらお知らせください。




決勝 結果

順位ドライバーチームタイム/RetiredPts
1ハミルトンメルセデス1:43:44.29125
2ライコネンフェラーリ+2.460s18
3ペレスフォース・インディア+4.024s15
4ベッテルフェラーリ+5.329s12
5サインツJrルノー+7.515s10
6ルクレールザウバー+9.158s8
7アロンソマクラーレン+10.931s6
8ストロールウィリアムズ+12.546s4
9バンドーンマクラーレン+14.152s2
10ハートレートロロッソ+18.030s1
11エリクソンザウバー+18.512s0
12ガスリートロロッソ+24.720s0
13マグヌッセンハース+40.663s0
14ボッタスメルセデスDNF0
グロージャンハースDNF0
フェルスタッペンレッドブルDNF0
リカルドレッドブルDNF0
ヒュルケンベルグルノーDNF0
オコンフォース・インディアDNF0
シロトキンウィリアムズDNF0



全画面表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ






レッドブル2台の線の途切れ方があの時の状況を表していて、哀しみを誘います。

しかし、ルクレールに限ったザウバーの速さなど、FP2のデータから読み取れるものは結構あるんですね。今までラップタイムをじっくり追いかけたことがなかったので、勉強になりました。

ラップタイム表だけでタイヤ交換周が分かるような表示になると便利そうですが、手間がかかりそうです。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    5 コメント

    1. 個人的にはグラフを読み解いていく面白さは理解できるんだけど、パッと見ハードルが
      高過ぎて、気軽にコメントできない人が多いんじゃないかな
      スポはんさんの特色として軌道に乗ればいいんだけど…
      あと広告もスポーツ&モタスポ好きがポチりたくなるようなものだといいよね
      とりあえず指輪広告ポチったけどw

      • 返信が遅くなってしまいすみません。
        グラフはラップタイムを見てふむふむできるF1ファンの方向けで、流行らなくても大丈夫だと思って作っています。
        広告は今のところGoogle先生に一任していているので、どんな内容かは先生次第です。内容を指定できるものも出せるとよさそうですね。

      • 返信が遅くなってしまいすみません。
        グラフはChart.jsで書いています。フリーの有名所を探して選んだつもりですが、Plotlyの方がもっと有名で高機能なんですね・・・。
        と言ってもPythonは触ったことがないので、知っていても高嶺の花だったと思うことにします。

    返事を書く

    コメントを入力してください
    名前