2018年のF1第7戦カナダGP・フリープラクティス2(FP2)のデータをグラフ化してご紹介します。

設定欄からグラフの情報量を変えられるようになっています。PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。

表示が破綻するようなバグがありましたらお知らせください。







FP2 結果

順位 ドライバー チーム タイム タイム差 タイヤ 周回数
1 フェルスタッペン レッドブル 1:12.198 HS 39
2 ライコネン フェラーリ 1:12.328 +0.130s HS 42
3 リカルド レッドブル 1:12.603 +0.405s HS 17
4 ハミルトン メルセデス 1:12.777 +0.579s SS 39
5 ベッテル フェラーリ 1:12.985 +0.787s HS 24
6 ボッタス メルセデス 1:13.061 +0.863s US 40
7 グロージャン ハース 1:13.620 +1.422s HS 34
8 オコン フォース・インディア 1:13.747 +1.549s HS 40
9 ペレス フォース・インディア 1:13.754 +1.556s HS 40
10 アロンソ マクラーレン 1:13.866 +1.668s US 30
11 ルクレール ザウバー 1:13.884 +1.686s HS 39
12 ハートレー トロロッソ 1:13.889 +1.691s HS 42
13 マグヌッセン ハース 1:13.956 +1.758s HS 39
14 ヒュルケンベルグ ルノー 1:13.967 +1.769s HS 37
15 エリクソン ザウバー 1:14.108 +1.910s HS 41
16 バンドーン マクラーレン 1:14.167 +1.969s US 14
17 サインツJr ルノー 1:14.433 +2.235s SS 9
18 ガスリー トロロッソ 1:14.486 +2.288s HS 39
19 ストロール ウィリアムズ 1:14.703 +2.505s HS 40
20 シロトキン ウィリアムズ 1:14.782 +2.584s HS 35



各チームの持ち込みタイヤ数




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ







トロロッソ・ホンダについて:
ガスリーがトップ3チーム以外の中では劣らないペースで周回できていて、入賞の可能性が見えています。
しかし、トロロッソを含む残りの7チーム全てのペースが1分17秒台に集中していて、展開は読めません。どこかのチームに後一押しがあれば、一気に中段勢トップに躍り出そうです。

トップ3チームについて:
こちらは1分15~16秒台の戦いになっています。
メルセデスは固いタイヤでも一発のタイムが出せていて、ロングランでも優勢といった感じです。

今開催はアップデートを入れたルノーPU勢が元気に見えますね。
ホンダのPUもアップデートを入れています。去年の予選順位はトロロッソ最上位が11位、マクラーレン最上位が12位でした。ドライバーがサーキット初走行ということを考慮すると、ここまでのところ健闘していると言えそうです。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前