2018年のF1第10戦イギリスGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。

設定欄からグラフの情報量を変えられるようになっています。PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグがありましたらお知らせください。









決勝 結果

順位ドライバーチーム周回数タイム差ポイント
1ベッテルフェラーリ521:27:29.78425
2ハミルトンメルセデス52+2.264s18
3ライコネンフェラーリ52+3.652s15
4ボッタスメルセデス52+8.883s12
5リカルドレッドブル52+9.500s10
6ヒュルケンベルグルノー52+28.220s8
7オコンフォース・インディア52+29.930s6
8アロンソマクラーレン52+31.115s4
9マグヌッセンハース52+33.188s2
10ペレスフォース・インディア52+34.708s0
11バンドーンマクラーレン52+35.774s0
12ストロールウィリアムズ52+38.106s0
13ガスリートロロッソ52+39.129s0
14シロトキンウィリアムズ52+48.113s0
15フェルスタッペンレッドブル46DNF0
NCグロージャンハース37DNF0
NCサインツJrルノー37DNF0
NCエリクソンザウバー31DNF0
NCルクレールザウバー18DNF0
NCハートレートロロッソ1DNF0



ドライバー総合順位

順位ドライバーチームポイント
1ベッテルフェラーリ171
2ハミルトンメルセデス163
3ライコネンフェラーリ116
4リカルドレッドブル106
5ボッタスメルセデス104
6フェルスタッペンレッドブル93
7ヒュルケンベルグルノー42
8アロンソマクラーレン40
9マグヌッセンハース39
10サインツJrルノー28
11オコンフォース・インディア25
12ペレスフォース・インディア24
13ガスリートロロッソ18
14ルクレールザウバー13
15グロージャンハース12
16バンドーンマクラーレン8
17ストロールウィリアムズ4
18エリクソンザウバー3
19ハートレートロロッソ1
20シロトキンウィリアムズ0



コンストラクター総合順位

順位チームポイント
1フェラーリ287
2メルセデス267
3レッドブル199
4ルノー70
5ハース51
6フォース・インディア49
7マクラーレン48
8トロロッソ19
9ザウバー16
10ウィリアムズ4



全画面表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ






今回のレースでは、32~37周目と38~41周目にかけて2度のセーフティーカーが出ています。
リタイアの多いレースでしたが、トロロッソ・ホンダはまたもノーポイントでした(ガスリーが10位でフィニッシュするもペナルティで降格)。

それにしても、セーフティーカー明けのアロンソの速さは凄いですね。ああいう場面であと一歩を超えられるかどうかが、マクラーレンとトロロッソの差に繋がっているような気がします。

語りは短めにして、ひとまず記事更新します。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    2 コメント

    1. データ編集お疲れ様です。
      ろくにセッティングできていない中、トロロッソはよく頑張ったと思います。それだけにペナルティが痛すぎましたね。
      管理人さんの仰る通り、SC開けのアロンソは素晴らしいですね。
      トロロッソのルーキー二人と、ベテランドライバーの格の違いでしょうか。

      • 遅ればせながら、コメントありがとうございます。
        今のトロロッソの二人にアロンソ並の腕がないのは確かですが、トロロッソのマシンがドライバーをアシストできないのも難しいところですね。

    返事を書く

    コメントを入力してください
    名前