2018年のF1第11戦ドイツGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。

設定欄からグラフの情報量を変えられるようになっています。PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグやデータの入力ミス等がありましたら、お知らせください。









決勝 結果

順位ドライバーチーム周回数タイム差ポイント
1ハミルトンメルセデス671:32:29.84525
2ボッタスメルセデス67+4.535s18
3ライコネンフェラーリ67+6.732s15
4フェルスタッペンレッドブル67+7.654s12
5ヒュルケンベルグルノー67+26.609s10
6グロージャンハース67+28.871s8
7ペレスフォース・インディア67+30.556s6
8オコンフォース・インディア67+31.750s4
9エリクソンザウバー67+32.362s2
10ハートレートロロッソ67+34.197s1
11マグヌッセンハース67+34.919s0
12サインツJrルノー67+43.069s0
13バンドーンマクラーレン67+46.617s0
14ガスリートロロッソ66+1 lap0
15ルクレールザウバー66+1 lap0
16アロンソマクラーレン65DNF0
NCストロールウィリアムズ53DNF0
NCベッテルフェラーリ51DNF0
NCシロトキンウィリアムズ51DNF0
NCリカルドレッドブル27DNF0



ドライバー総合順位

順位ドライバーチームポイント
1ハミルトンメルセデス188
2ベッテルフェラーリ171
3ライコネンフェラーリ131
4ボッタスメルセデス122
5リカルドレッドブル106
6フェルスタッペンレッドブル105
7ヒュルケンベルグルノー52
8アロンソマクラーレン40
9マグヌッセンハース39
10ペレスフォース・インディア30
11オコンフォース・インディア29
12サインツJrルノー28
13グロージャンハース20
14ガスリートロロッソ18
15ルクレールザウバー13
16バンドーンマクラーレン8
17エリクソンザウバー5
18ストロールウィリアムズ4
19ハートレートロロッソ2
20シロトキンウィリアムズ0



コンストラクター総合順位

順位チームポイント
1メルセデス310
2フェラーリ302
3レッドブル211
4ルノー80
5フォース・インディア59
6ハース59
7マクラーレン48
8トロロッソ20
9ザウバー18
10ウィリアムズ4



全画面表示

全要素
軸反転
全体表示
点情報切替
点強調選択
Y軸上限
Y軸下限
線の太さ
点の太さ
全要素
軸反転
全体表示
点情報切替
点強調選択
Y軸上限
Y軸下限
線の太さ
点の太さ






今回はまだレースを追えていないので、語りは抜きで更新します。

結果だけを見ると、ハートレーは久しぶりのポイント獲得でおめでたいですね。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    2 コメント

    1. 編集お疲れ様です。
      ハートレーが粘って1ポイント獲得しましたね!
      ガスリーはギャンブル失敗でしたが、ペースは悪くなかったと思うので、これからに期待したいです。
      ハミルトンは圧巻でしたね。タイヤ戦略もハマって、見事に一位。
      反対にベッテルは残念極まりないですね。ミスがなければ余裕の一位は間違いなかったはずなのに。

      • コメントありがとうございます。
        今開催のハートレーはFP2でガスリーに並ぶ速さを見せていておやっと思ったら、良い結果を持ち帰ってくれました。マグヌッセンを抑えきったのが高評価ですね。
        ベッテルは何かと自爆が多くて、取れるものは取っていかないと速いマシンの持ち腐れになってしまいそうです。

    返事を書く

    コメントを入力してください
    名前