2018年のF1第12戦ハンガリーGP・フリープラクティス2(FP2)のデータをグラフ化してご紹介します。

設定欄からグラフの情報量を変えられるようになっています。PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。

表示が破綻するようなバグやデータの入力ミス等がありましたら、お知らせください。







FP2 結果

順位 ドライバー チーム タイム タイム差 タイヤ 周回数
1 ベッテル フェラーリ 1:16.834 US 45
2 フェルスタッペン レッドブル 1:16.908 +0.074s US 35
3 リカルド レッドブル 1:17.061 +0.227s US 36
4 ライコネン フェラーリ 1:17.153 +0.319s US 40
5 ハミルトン メルセデス 1:17.587 +0.753s S 43
6 ボッタス メルセデス 1:17.868 +1.034s S 46
7 グロージャン ハース 1:18.065 +1.231s US 39
8 サインツJr ルノー 1:18.495 +1.661s US 38
9 ガスリー トロロッソ 1:18.518 +1.684s US 43
10 オコン フォース・インディア 1:18.761 +1.927s US 41
11 ペレス フォース・インディア 1:18.850 +2.016s US 42
12 アロンソ マクラーレン 1:18.857 +2.023s US 38
13 マグヌッセン ハース 1:18.880 +2.046s US 35
14 ヒュルケンベルグ ルノー 1:18.913 +2.079s US 23
15 ハートレー トロロッソ 1:18.916 +2.082s US 41
16 エリクソン ザウバー 1:19.043 +2.209s US 42
17 ルクレール ザウバー 1:19.137 +2.303s US 38
18 ストロール ウィリアムズ 1:19.645 +2.811s US 45
19 バンドーン マクラーレン 1:19.712 +2.878s S 38
20 シロトキン ウィリアムズ 1:19.770 +2.936s US 45



各チームの持ち込みタイヤ数




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ







●中位勢について
ロングランではルノーが一歩抜け出ている感があります。それにハースとインドと続きますが、3連戦の頃とは違い、トロロッソのガスリーのペースはその2チームとも戦えそうな数字になっています。ハートレーはいつもの調子に戻ってしまいました。無事に完走して2戦連続のポイント獲得なるでしょうか。

●トップ3チームについて
どのチームもソフトタイヤで1:21辺りで周回しています。ウルトラソフトタイヤを使ったときのメルセデスの速さを見たいところです。


参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前