F1で2度のドライバーズ・チャンピオンを獲得し、今年はマクラーレン・ルノーから参戦しているフェルナンド・アロンソが、2019年はF1に参戦しないことがマクラーレンの公式サイトから発表されました。

アロンソは21歳の2003年からルノーのレギュラー・ドライバーとしてF1に参戦し、当時の史上最年少で優勝を果たしました。2005年には史上最年少でチャンピオンも獲得しました。続く2006年も連続でチャンピオンを獲得し、彼のキャリアは明るいものと思われました。

しかし、その後は延べ4チームを渡り歩きながらチャンピオン獲得には至らず、現在所属するマクラーレンの低迷や移籍先の不在、今年37歳となる年齢など、参戦継続を難しくする様々な要因が重なっていました。

海外のF1ファンはこの発表をどのように受け止めたのでしょうか。



マクラーレン公式サイトの発表
https://www.mclaren.com/formula1/team/fernando-alonso/mclaren-confirms-fernando-alonso-decision/

なん・・・だと???

F1を追っているスペイン人の90%は、フェルナンドの影響で追い始めたんだ。そして、彼はいなくなってしまう。
彼抜きでは決して同じスポーツにはならないだろう。 🙁

Alonso fan 1
僕はファッキン悲しい。 ;(

アレクサ、「月光」を流してくれ。 😭

Alonso fan 2
僕をF1に引き込んでくれたのはフェルナンドだ。全てを支配していた赤いマシンたちを若い彼が倒していくのは、特別な感じがした。とても寂しくなりそうだよ。

同じく。 ;-;

僕はアロンソがレースをするのを見て育ってきた。小さな子供だった僕が、彼が勝利するのを見てどれだけ興奮していたのかを今でも覚えている。あの日々をずっと忘れないだろう。

アロンソは今年の最終戦で312戦目を戦うことになる。ルーベンス(注:バリチェロ)の歴代最高記録から11戦だけ足りないんだ!

ルーベンスの野郎!(ジョーク)

「僕はこの決断を数ヶ月前にしたし、断固としたものだった」

トヨタでル・マンを勝った直後なんじゃないかと思ってる。

Alonso fan 3
それか、MCL33がクソだと気付いた直後か。

その通りだ。アロンソはMCL33がレッドブルに近い物であることを願っていた。ベストのエンジンではなかったとしても、少なくともアロンソに表彰台争いをさせられるだけの素晴らしいシャシーであると。

だから、アロンソはマクラーレンとルノーに1年を与えたけれど、マクラーレンの最大の問題はエンジンではないということが分かった・・・。そういうわけで、もう戦う理由が無くなってしまったんだ。

史上最高のドライバーの一人が、ただの政治的ゴタゴタのせいでトップ争いがほぼ不可能な酷いチームに押し込まれるというのは、本当に残念だ。

アロンソがWECやインディーでは幸運を得られることを願うよ。
ブラボー、アロンソ。

追記:マイナス票を入れている人たちへ。僕はアロンソに非が無いとは言っていない・・・。政治がマシン作りを邪魔することがくだらないというだけだ。

> ただの政治的ゴタゴタのせいで

よく知らないけど、アロンソは自分で梯子を燃やしたんじゃなかったっけ?

あらゆるF1チームを離脱する時のアロンソ

https://www.youtube.com/watch?v=PnnXc3T_pK8

「これは8年間俺を雇ったことのお礼だ!」

時代の終わりだ。

最後のV10レーサーはキミ(注:ライコネン)だ。

キミが去ってしまう時は、僕の幼少期の全てが去ってしまう時だ。キミとナンド(注:アロンソ)が若手の大物で、ミハエル(注:シューマッハ)を王座から下ろそうとしていた日々のことを今でも鮮明に覚えているよ。

同じく・・・。

僕も仲間に入れてくれ・・・。

俺もだ。年取ったって感じがするぜ。

Redditor 1
僕を打ちのめすのは、もうすぐF1に乗ろうとしているランド・ノリスが僕より4週間若いということなんだ。

僕が何も達成していない一方で、僕より若いF1ドライバーが僕の夢を実現している時が、本当のボディーブローなんだろうな。

もっと悪くなり得る。ノリスは僕より15歳若い。

Redditor 1
くそぅ。 🙁

私の幼少期の全てが去ってしまったのは、ロズベルグが引退した時だ。ケケの方のね。

僕の夢はマルドナードが引退したときに砕け散ってしまった。

君の夢はマルドナードがクラッシュする度に砕け散るべきだった・・・。

あのマルドネイターはグランプリ・ウイナーだということを忘れるなよ、友よ。

マルドナードはたくさんの物を粉砕した。夢はその一つに過ぎない。

レースに勝てるシートが空いていたら、アロンソは2020年に帰ってくるんじゃないかと思う。

無いね。2020年にはミカ(注:ハッキネン)が長期休暇を終えて戻ってくる。

ロン・デニスがマクラーレンを指揮するために戻ってきて、ハッキネンがドライバーの一人として戻ってくる。

マクラーレンの2020年のドライバー&チームチャンピオンは保証された。

おめでとう。君はカルマ・レースに勝ったんだ。

何て悲しいんだ。アレクサ、sea shanty 2を流してくれ。

https://www.youtube.com/watch?v=BJhF0L7pfo8

いいね。

まあ、僕が言えることはだ。僕はフェルナンドを忘れないだろうし、シューマッハ、ハミルトン、ベッテルやその他の伝説的ドライバーとの戦いも忘れないだろう。

アロンソは2005年から僕のヒーローだった。アロンソはシューマッハを王座から引き下ろした男だし、僕の心の特別な場所に居続けるよ。

僕はアロンソが好きじゃなかったけど、僕が好きな人たちよりも彼を尊敬していたよ。

僕はシューミ(注:シューマッハ)を倒した君が大嫌いだった。君のエゴが大嫌いだった。君の傲慢さが大嫌いだった。

その後、その内側にある才能に気付いた。僕は君を好きになり始めた。君のやり方が大好きになり始めた。あのフェラーリと口論したやり方を僕は忘れないだろう。

君は失敗をしたり、敵を作ったり、誤った決断をしたかも知れない。しかし、フェルナンド・アロンソがF1を去ることは、僕と、2000年代にF1を見始めた僕たちの多くにとって、一時代の終わりだ。君に一礼をするよ。

さようなら。


翻訳元の雰囲気としては、素直にアロンソの離脱を悲しむ人、なぜそうなったのかを分析する人、ただジョークを言っている人が混在している感じでした。返事の付かない埋もれたコメントには、驚きの声やアロンソを称える声も多くありました。

アロンソの政治的な言動がF1ドライバー生命を縮めたという解釈は、この翻訳元でも少なからずありました。一説にはリカルドと年30億円以上で契約したというルノーもアロンソを選ばなかったということからも、外堀は埋められつつあったようです。

アロンソは将来のF1復帰を否定していないので、ドライバー市場の成り行きによっては復帰の可能性は残されています。F1ドライバーとしてはひとまずお疲れ様でした。
記事をお読みいただきありがとうございます。

参照元:Reddit https://redd.it/9792sy/

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    2 コメント

    1. ブーリエの自己保身コメントにそそのかされて一緒に(アロンソの高額給料を出してくれている)HONDAの悪口を言い続けて、PUがルノーに変わったのに成績は上がらず。
      そりゃF1村には居られなくなるわな。

    2. アロンソの最初の2回連続優勝は、いくらかビギナーズラックもあったと思う
      それで自分を憧れのセナの再来かなにかと勘違いしてしまい、
      以後失敗しては、あいつが悪い、こいつが悪い、と他のせいにしては移籍を繰り返し、結局パッとせず今に至る、
      という感じでないか
      同僚のハミルトンも最年少記録は持っているのだが、それで自惚れることもなく、地道にF1界の頂点に上り詰めたのとは対照的だな

    返事を書く

    コメントを入力してください
    名前