2018年のF1第13戦ベルギーGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。

設定欄からグラフの情報量を変えられるようになっています。PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグやデータの入力ミス等がありましたら、お知らせください。









決勝 結果

順位ドライバーチーム周回数タイム差ポイント
1ベッテルフェラーリ441:23:34.47625
2ハミルトンメルセデス44+11.061s18
3フェルスタッペンレッドブル44+31.372s15
4ボッタスメルセデス44+68.605s12
5ペレスフォース・インディア44+71.023s10
6オコンフォース・インディア44+79.520s8
7グロージャンハース44+85.953s6
8マグヌッセンハース44+87.639s4
9ガスリートロロッソ44+105.892s2
10エリクソンザウバー43+1 lap1
11サインツJrルノー43+1 lap0
12シロトキンウィリアムズ43+1 lap0
13ストロールウィリアムズ43+1 lap0
14ハートレートロロッソ43+1 lap0
15バンドーンマクラーレン43+1 lap0
NCリカルドレッドブル28DNF0
NCライコネンフェラーリ8DNF0
NCルクレールザウバー0DNF0
NCアロンソマクラーレン0DNF0
NCヒュルケンベルグルノー0DNF0



ドライバー総合順位

順位ドライバーチームポイント
1ハミルトンメルセデス231
2ベッテルフェラーリ214
3ライコネンフェラーリ146
4ボッタスメルセデス144
5フェルスタッペンレッドブル120
6リカルドレッドブル118
7ヒュルケンベルグルノー52
8マグヌッセンハース49
9アロンソマクラーレン44
10ペレスフォース・インディア40
11オコンフォース・インディア37
12サインツJrルノー30
13ガスリートロロッソ28
14グロージャンハース27
15ルクレールザウバー13
16バンドーンマクラーレン8
17エリクソンザウバー6
18ストロールウィリアムズ4
19ハートレートロロッソ2
20シロトキンウィリアムズ0



コンストラクター総合順位

順位チームポイント
1メルセデス375
2フェラーリ360
3レッドブル238
4ルノー82
5ハース76
6マクラーレン52
7トロロッソ30
8ザウバー19
9フォース・インディア18
10ウィリアムズ4



全画面表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ






レースは2番手からスタートしたフェラーリのベッテルが1周目でハミルトンを交わし、その後はマージン少なめながらも一定の間隔を保ってそのままゴールし、ベッテルが優勝しました。

トロロッソ・ホンダのガスリーは10番グリッドからスタートし、9位入賞で2ポイントを獲得しました。ホンダPUが苦手なサーキットと言われるスパですが、過去数年とFP2の結果を受けての淡い期待に応えてくれました。
ただ、ガスリーのレースペースを見ると中位勢でも真ん中辺りの速さです。トップ3チームからリタイヤが出たことや、ルノー勢が完調でなかったことなど、トロロッソの好成績の前提だった紛れが起きたことに助けられました。

新しいタイヤを選べる予選11番手以降ではガスリーだけがスーパーソフトタイヤでスタートしたのには驚きましたが、レース前半のタイム差の少ない状況をソフトで乗り切るのは厳しいと読んでのことだとしたら、良い判断だったと思います。
ガスリーは、すぐ後ろをソフトタイヤで走っていたエリクソンをぎりぎりDRS圏内に入れずに逃げています。ガスリーもソフトタイヤでスタートしていたら、それは難しかったかも知れません。

ハートレーはガスリーと戦略を分けるために、どうしてもBプランで走行することになります。今回は1周目のドタバタで順位を下げてしまいましたが、27周目と28周目でガスリーとエリクソンの間に入って引き離すことに成功しています。2ポイントの内0.5ポイントくらいはハートレーにあげたいところですね。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    2 コメント

    1. データ編集お疲れ様です。
      運も手伝ったとはいえ、大方の予想を覆し、ガスリーが見事入賞しましたね!
      管理人さんの仰る通り、データで見ると、トロロッソのレースペースは決して優れていないということがよくわかりますね。
      エンジンもシャシーももっと頑張らなければなりませんね。
      次のモンツァは、今回より厳しいでしょうが、なんとか頑張ってもらいたいところです。

      • 遅ればせながら、コメントありがとうございます。
        ハースとフォース・インディアには明らかに先に行かれているので、何事も無ければ11位以下でした。
        書いていて再認識しましたが、何事も無いスパで11位なら下馬評より大分健闘していますね。

        モンツァについては、過去の実績から言ってもスパとは逆に悲観的に見るのが精神的に良さそうです。

    返事を書く

    コメントを入力してください
    名前