今月2日に久々の登板を果たした大谷選手ですが、その後のMRI検査の結果、肘の靱帯に新たな損傷が発見されました。

大谷選手は6月8日に故障者リスト(DL)に入り、投手としては長く出場していませんでした。しかし、PRP療法を受けた後、8月には投球練習を再開し、今月2日にはアストロズ戦で50球を目安に再登板を果たしました。

ところが、大谷選手の肘の張りが引かないことを受けてMRI検査を行ったところ、肘の靱帯に新たな損傷が発見されました。チームは大谷選手にトミー・ジョン手術を勧めている状況で、ファンはこの時期に大谷選手を再登板させたことの是非に注目しているようです。



以下はエンジェルスファン専用スレッドの反応です。

PRP療法は失敗率が相当高いようなのに、なぜエンジェルスのチームドクターはそれを勧め続けるんだ。
それに、うちのチームのトミー・ジョン手術件数はここ数年で6件目? 7だったか? ジーザス・ファッキン・ガッデム・クライスト。

これで 今 年 6件目だ。

JC・ラミレス
ブレイク・ウッド
キーナン・ミドルトン
ギャレット・リチャーズ
ジョン・ラム
大谷翔平

メモ: パーカー・ブリッドウェルは靱帯でない肘の怪我で登板不能。

つまり、あともう何人かでパンチカードを埋めれば、タダ券で一人貰えるって事だろ?

多分、手術は投手が最後までやりたくないことの一つだからだろう。注射療法は侵襲性が低いし、理想的には復帰が早い。

僕がもっと疑問に思うのは、そもそも投手が自分の扱いに疑問を持つ前に壊れるところまで行ってしまうことだ。単に不運だったというわけはないと思う。

あああ、ファッキン・クソが。分かってたぜ。前回の登板で、あのマザーフ○ッカーどもが大谷の肘の怪我を軽視していたことは。トレーニングスタッフと医療スタッフは全員去るべきだ。

な ぜ 俺 た ち に は 良 い こ と が 無 い ん だ 。

以下は総合スレッドの反応です。

(驚いたふり)

君よ、安らかに眠れ。いつか再会できる日を願う。

Mariners fan 1
大谷がエンジェルスに行った時、僕は大谷の将来に否定的だった。でもクソ、これは野球にとって酷い出来事だ。大谷は見ていて本当に素晴らしいんだ。

大谷を1か月間休ませて、それが奏功することを願うんじゃないかな。

手術を受けた方が良い。どうしたっていずれは必要になる。来年の春まで待って2020年のほとんどを無駄にするより、今やって2020年に備える方が良い。

賛成だけど、大谷は手術を早めに受けないことで回復期間を失ったし、エンジェルスはこの件に上手く対応できていない。

誰も怪我の状況を知らない(僕も医者ではない)けど、彼の肘内側側副靱帯がちぎれそうだったのは間違いないと思う。チームがもっと早くに大谷を離脱させなかった理由が分からない。

> 回復期間を失った

そうでもないよ。7月に手術を受けたって来年には戻ってこられない。それどころか、MLBレベルで打者として得る物があったよ!

Angels fan 2
回復期間はどれだけかかっても良いよ。投球の許可が出た後でも手術前の状態に戻らない投手もいる。

酷いチーム運営だ。今年中に大谷に投げさせる必要は無かったのに、ともかくチームはやってしまった。ファンでいることがきつい。

靱帯の断裂はわずかだと言われていたから、チームはPRP療法が正解かどうかを見るために投げさせたんだ。それが失敗したら、結局は同じだけの時間を失うことになる。来春に判明するより良かったよ。

Mariners fan 2
マリナーズ「ハハッ、 ”酷いチーム運営” だと?!? ちょっと俺のビール持ってろよ」

Angels fan 3
エンジェルスの方針を避難している奴らには、ある視点が欠けている。今手術を受けることは、来年の4月まで待つよりずっと良い選択だという視点が。何故か? それは2020年の開幕から投げることができるからだ。

とは言え、エンジェルスのトミー・ジョン手術の件数は警告を発しているし、何らかの対策はなされるべきだ。この一件が管理上の問題なのかは分からないけどね。

今年中に大谷を再登板させることは馬鹿げていると言っていた連中には、なんと言っていいのか分からない。今の状況こそ、チームが今年中に大谷に投げさせたかった理由だ。

もっと時間をかければ回復すると思っているんだろうか? でも、それは起こらない。

Angels fan 1
エンジェルスの開幕戦オーダー
ザック・コザート 2B … 今シーズンは終了。
マイク・トラウト CF … 長くDL入りするも現在は完調。
ジャスティン・アプトン LF … DL開けで安定せず。
アルバート・プホルス 1B … 今シーズンは終了。
コール・カルフーン RF … 前半戦はOPS .556だったが、DL入りを経て今はまあまあ。
アンドレルトン・シモンズ SS … 健康! 少しの間DL入りしていた。
ルイス・バルブエナ 3B … 戦力外通告。DL入りした後トレードされたイアン・キンズラーの代わりにプレイしていた。
大谷翔平 DH … トミー・ジョン。
マーティン・マルドナード C … トレード。

投手陣で同じリストを作る気はしない・・・。

Angels fan 4
投手陣のリストは相当長くなるだろうな。

マイク・トラウトがエンジェルス全員の体力ゲージを吸い取っているように見える。

それにWARも? (注:WARは選手の貢献度を表す指標)

マイク・ ”カービィ” ・トラウト。

Angels fan 5
少なくとも、ホッケーシーズンはもうすぐやって来るんだ。 ;_;


怪我の情報が伝えられた今日の試合で、大谷選手は打者として大活躍しました。そちらの反応だけを扱おうかと思いましたが、直前のファンの絶望ぶりがあっての驚きの結果だと思うので、まずは怪我の発表時点の反応を記事にしました。

PRP療法後の回復期間を長く取ることの効果については知識がありませんが、少なくとも担当医からはOKが出ていたはずですから、無謀な選択ではなかったはずです。
一方で、壊れるならさっさと壊してトミー・ジョン、という考え方は気楽に考えすぎのように感じます。現役の日本人MLB投手でも田中選手とダルビッシュ選手という両方の前例がいますが、肘の怪我は本当に難しいですね。

記事をお読みいただき、ありがとうございます。

参照元:Reddit https://redd.it/9dbji8/ https://redd.it/9dbjfo/

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    返事を書く

    コメントを入力してください
    名前