2018年のF1第15戦シンガポールGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。

設定欄からグラフの情報量を変えられるようになっています。PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグやデータの入力ミス等がありましたら、お知らせください。









決勝 結果

順位ドライバーチーム周回数タイム差ポイント
1ハミルトンメルセデス611:51:11.61125
2フェルスタッペンレッドブル61+8.961s18
3ベッテルフェラーリ61+39.945s15
4ボッタスメルセデス61+51.930s12
5ライコネンフェラーリ61+53.001s10
6リカルドレッドブル61+53.982s8
7アロンソマクラーレン61+103.011s6
8サインツJrルノー60+1 lap4
9ルクレールザウバー60+1 lap2
10ヒュルケンベルグルノー60+1 lap1
11エリクソンザウバー60+1 lap0
12バンドーンマクラーレン60+1 lap0
13ガスリートロロッソ60+1 lap0
14ストロールウィリアムズ60+1 lap0
15グロージャンハース60+1 lap0
16ペレスフォース・インディア60+1 lap0
17ハートレートロロッソ60+1 lap0
18マグヌッセンハース59+2 laps0
19シロトキンウィリアムズ59+2 laps0
NCオコンフォース・インディア0DNF0



ドライバー総合順位

順位ドライバーチームポイント
1ハミルトンメルセデス281
2ベッテルフェラーリ241
3ライコネンフェラーリ174
4ボッタスメルセデス171
5フェルスタッペンレッドブル148
6リカルドレッドブル126
7ヒュルケンベルグルノー53
8アロンソマクラーレン50
9マグヌッセンハース49
10ペレスフォース・インディア46
11オコンフォース・インディア45
12サインツJrルノー38
13ガスリートロロッソ28
14グロージャンハース27
15ルクレールザウバー15
16バンドーンマクラーレン8
17ストロールウィリアムズ6
18エリクソンザウバー6
19ハートレートロロッソ2
20シロトキンウィリアムズ1



コンストラクター総合順位

順位チームポイント
1メルセデス452
2フェラーリ415
3レッドブル274
4ルノー91
5ハース76
6マクラーレン58
7フォース・インディア32
8トロロッソ30
9ザウバー21
10ウィリアムズ7



全画面表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ






市街地コースのシンガポールにしては波乱の少ないレースだったようです。

トロロッソは厳しかったですね。週末を通して去年までの速さがなかった原因は、継ぎはぎでPUを積み替えたことにあるのでしょうか。

中位勢最速はここのところ下位に定着していたマクラーレンのアロンソでした。
後半のラップタイムがやけに暴れていると思ったら、去年までもやっていたレース中にチャージ→アタックラップを繰り返していたんですね。

今回のマクラーレンの速さを見ると、パワーエフェクトの低いサーキットでマシンが速い理由には、シャシーが優秀である場合とシャシーの特性である場合の2つがあるということを再認識しました。
チームとドライバーの発言もあって、去年まではシャシーの優秀さの証と見なされていましたね。
裏を返すと、ホンダPUの低速トルク神話にも影響ありでしょうか。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    2 コメント

    1. トロロッソの車体は良いときと悪いときの差が激しすぎますね。
      ホンダPUを載せるための突貫工事が影響してるのかもしれませんね。

      • コメントありがとうございます。
        トロロッソのマシンは風に弱いという話も出ていますし、極端にピーキーということもあるかも知れませんね。
        ニューウェイはジェームス・キーがレッドブルとのパーツ共通化に賛成ではなかったと発言していますが、その上でこのマシンの仕上がりだとすると、レッドブル・グループの中で立場が悪くなってしまうのもやむ無しというところでしょうか。

    返事を書く

    コメントを入力してください
    名前