2018年のF1第19戦メキシコGP・フリープラクティス2(FP2)のデータをグラフ化してご紹介します。

設定欄からグラフの情報量を変えられるようになっています。PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。

表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。








FP2 結果

順位 ドライバー チーム タイム タイム差 周回数
1 フェルスタッペン レッドブル 1:16.720 21
2 リカルド レッドブル 1:16.873 +0.153s 32
3 サインツJr ルノー 1:17.953 +1.233s 35
4 ベッテル フェラーリ 1:17.954 +1.234s 42
5 ヒュルケンベルグ ルノー 1:18.046 +1.326s 36
6 ハートレー トロロッソ 1:18.061 +1.341s 35
7 ハミルトン メルセデス 1:18.100 +1.380s 40
8 ライコネン フェラーリ 1:18.133 +1.413s 42
9 ボッタス メルセデス 1:18.140 +1.420s 40
10 ペレス フォース・インディア 1:18.167 +1.447s 24
11 オコン フォース・インディア 1:18.485 +1.765s 24
12 グロージャン ハース 1:18.733 +2.013s 39
13 ルクレール ザウバー 1:19.024 +2.304s 39
14 ガスリー トロロッソ 1:19.047 +2.327s 36
15 バンドーン マクラーレン 1:19.096 +2.376s 30
16 ストロール ウィリアムズ 1:19.219 +2.499s 25
17 エリクソン ザウバー 1:19.322 +2.602s 41
18 シロトキン ウィリアムズ 1:19.335 +2.615s 37
19 アロンソ マクラーレン 1:19.543 +2.823s 31
20 マグヌッセン ハース 1:19.670 +2.950s 35



各チームの持ち込みタイヤ数




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ








開催カレンダーで一番の高地ということもあってか、いつもとはデータが大きく異なります。メルセデス勢が妙におとなしかったり、ワークスルノーが妙に速かったり、フォース・インディアやトロロッソ・ホンダがハイパーソフトタイヤしか履いていなかったり・・・。

ハイパーソフトタイヤのロングランでは、ほとんどのドライバーがもの凄い勢いでタイムを落としていっています。レッドブルの二人だけは比較的緩めに見えます。
ウルトラソフトタイヤでも、フェルスタッペンがペースを維持しているのが目立ちますね。
フェルスタッペンはFP2終盤にマシントラブルで走行できなくなってしまいましたが、決勝でマシンがもってくれればレッドブルには下馬評通りの強さがありそうです。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前