2018年のF1第20戦ブラジルGP・フリープラクティス2(FP2)のデータをグラフ化してご紹介します。

設定欄からグラフの情報量を変えられるようになっています。PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。

表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。








FP2 結果

順位ドライバーチームタイムタイム差周回数
1ボッタスメルセデス1:08.84648
2ハミルトンメルセデス1:08.849+0.003s43
3ベッテルフェラーリ1:08.919+0.073s42
4リカルドレッドブル1:09.164+0.318s44
5フェルスタッペンレッドブル1:09.339+0.493s28
6ライコネンフェラーリ1:09.412+0.566s42
7グロージャンハース1:09.769+0.923s44
8ルクレールザウバー1:09.943+1.097s44
9マグヌッセンハース1:10.007+1.161s39
10オコンフォース・インディア1:10.159+1.313s45
11ペレスフォース・インディア1:10.320+1.474s23
12ガスリートロロッソ1:10.330+1.484s44
13アロンソマクラーレン1:10.332+1.486s36
14サインツJrルノー1:10.458+1.612s48
15エリクソンザウバー1:10.532+1.686s44
16シロトキンウィリアムズ1:10.569+1.723s46
17バンドーンマクラーレン1:10.596+1.750s26
18ストロールウィリアムズ1:10.662+1.816s44
19ハートレートロロッソ1:10.734+1.888s46
20ヒュルケンベルグルノー1:11.674+2.828s6



各チームの持ち込みタイヤ数




全画面表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ







ヒュルケンベルグのクラッシュによる赤旗の影響なのか、ライコネンとオコンのタイヤデータに一貫性がありませんでした。恐らく表示しているデータで大きなずれは無いと思います。

ロングランを軽く眺めたところでは、今回も一番柔らかいスーパーソフトタイヤはペースが悪いようです。中古のスーパーソフトでスタートする中位勢は1ストップが苦しくなるかも知れません。

トロロッソ・ホンダの2台は、金曜日はスペック2のパワーユニットを使っています。一発のタイムではガスリーが12番手とそこそこの位置に付けましたが、ロングランのデータからはなかなか希望を見出せません。ここ数戦は土日に向けてプラス要素があっても案外な結果が続いていましたが、今回はどうなるでしょうか。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    返事を書く

    コメントを入力してください
    名前