2018年のF1第20戦ブラジルGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。

設定欄からグラフの情報量を変えられるようになっています。PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。









決勝 結果

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム差 ポイント
1 ハミルトン メルセデス 71 1:27:09.066 25
2 フェルスタッペン レッドブル 71 +1.469s 18
3 ライコネン フェラーリ 71 +4.764s 15
4 リカルド レッドブル 71 +5.193s 12
5 ボッタス メルセデス 71 +22.943s 10
6 ベッテル フェラーリ 71 +26.997s 8
7 ルクレール ザウバー 71 +44.199s 6
8 グロージャン ハース 71 +51.230s 4
9 マグヌッセン ハース 71 +52.857s 2
10 ペレス フォース・インディア 70 +1 lap 1
11 ハートレー トロロッソ 70 +1 lap 0
12 サインツJr ルノー 70 +1 lap 0
13 ガスリー トロロッソ 70 +1 lap 0
14 オコン フォース・インディア 70 +1 lap 0
15 バンドーン マクラーレン 70 +1 lap 0
16 シロトキン ウィリアムズ 69 +2 laps 0
17 アロンソ マクラーレン 69 +2 laps 0
18 ストロール ウィリアムズ 69 +2 laps 0
NC ヒュルケンベルグ ルノー 32 DNF 0
NC エリクソン ザウバー 20 DNF 0



ドライバー総合順位

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ハミルトン メルセデス 383
2 ベッテル フェラーリ 302
3 ライコネン フェラーリ 251
4 ボッタス メルセデス 237
5 フェルスタッペン レッドブル 234
6 リカルド レッドブル 158
7 ヒュルケンベルグ ルノー 69
8 ペレス フォース・インディア 58
9 マグヌッセン ハース 55
10 アロンソ マクラーレン 50
11 オコン フォース・インディア 49
12 サインツJr ルノー 45
13 グロージャン ハース 35
14 ルクレール ザウバー 33
15 ガスリー トロロッソ 29
16 バンドーン マクラーレン 12
17 エリクソン ザウバー 9
18 ストロール ウィリアムズ 6
19 ハートレー トロロッソ 4
20 シロトキン ウィリアムズ 1



コンストラクター総合順位

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 620
2 フェラーリ 553
3 レッドブル 392
4 ルノー 114
5 ハース 90
6 マクラーレン 62
7 フォース・インディア 48
8 ザウバー 42
9 トロロッソ 33
10 ウィリアムズ 7



グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ








5番グリッドからスタートしたフェルスタッペンが圧倒的な速さを見せ、ピットストップを終えた後ハミルトンを抜いて一時トップに立ったまではいつもと違うレースでした。しかしその後、周回遅れのオコンがフェルスタッペンと絡んで2台ともスピンを喫したのには水を差された感がありました。
接触のリプレイを何度か見返してみると、フェルスタッペンがオコンにスペースを残していれば接触は避けられたようにも見えます。接触の瞬間にはオコンは周回遅れだったわけですが、こういう場合の優先権はどうなっているのか気になります。

ベッテルはせっかくのソフトタイヤスタートを早めのピットインで捨ててしまい、2ピットストップとなってトップ3の下位に沈みました。ちょっと謎です。

中位勢ではフェラーリPU勢が速さを見せました。その原因がPUなのかシャシーなのかは不明ですが、ここでは抜けた存在でしたね。

トロロッソ・ホンダはポイント獲得はならず、ザウバーまでのポイント差も9に広がってしまいました。
ガスリーは終始前のマシンに置いていかれる展開で、特にミディアムタイヤに履き替えて20周した辺りからペースが上がらなくなっています。
ガスリーとホンダの田辺さんのレース後の発言によると、パッケージとしてのパワー不足がタイヤの過熱を招いたということのようですね。しかし、同じようにミディアムタイヤで長いスティントをこなしたハートレーは相対的に苦しんでいないところを見ると、ガスリーのマシン、またはドライビングにも何か原因があるということでしょうか。

何かとタイムリーでないアメリカ大陸ラウンドも終わり、次戦は最終戦アブダビです。1年の締めくくり、そして来年へのスタートが楽しみです。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    3 コメント

    1. 更新お疲れ様です。
      トロロッソは厳しい戦いが続いていますね。
      最終戦ではなんとかポイントを獲得してもらいたいものです。

    2. 優先権はマックスにあった、マックスは最適なラインをただ走ってただけ、そこにオコンが勝手にむりに突っ込んできただけやから圧倒的にオコンが悪い
      マックスの優勝をあんな形で奪うとかありえん

    3. 今更ながら、コメントありがとうございます。
      トロロッソの最終戦は残念な結末になってしまいました。設計期間に余裕を持てる来年のマシンに期待ですね。
      フェルスタッペンとオコンの接触については、「同一周回に戻る権利はあるが、バトルをしてはならない」という説明がとてもしっくり来ました。やはり、本来1分以上後ろを走っているはずのマシンが競り合っては駄目だと思います。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前