F1のシーズン前テストは18日に前半4日間の初日を終えました。

トップタイムはフェラーリのベッテルで、1分18秒161を記録しました。
ベッテルは午前中から1分18秒425を記録するなど、この日は異次元の速さでした。去年のテストの総合ベストタイムは、1分17秒182。条件が異なるとは言え、初日から1秒以内に迫っていることになります。

一方、今年からホンダのパワーユニット(PU)を積むレッドブルは、大きなトラブルも無く128周を走って4番手タイムでした。もう1台のホンダユーザーであるトロロッソは、77周を走って6番手タイムでした。

ウィリアムズはテスト初日にマシンが間に合わず、走行できませんでした。噂レベルの話では、先週になってブレーキ・システムに不具合が発見され、その対策品の完成待ちなのだとか。

海外のファンはテストをどのように見たのでしょうか。




順位ドライバーチームタイムタイム差タイヤ周回数
1ベッテルフェラーリ1:18.161C3169
2サインツマクラーレン1:18.558+0.397sC4119
3グロージャンハース1:19.159+0.998sC365
4フェルスタッペンレッドブル1:19.426+1.265sC3128
5ライコネンアルファロメオ1:19.462+1.301sC3114
6クビアトトロロッソ1:19.464+1.303sC477
7ペレスレーシング・ポイント1:19.944+1.783sC330
8ボッタスメルセデス1:20.127+1.966sC269
9ハミルトンメルセデス1:20.135+1.974sC281
10ヒュルケンベルグルノー1:20.980+2.819sC265
11リカルドルノー1:20.983+2.822sC244
12ウィリアムズ

タイヤの種類は、コンパウンドの固い方から柔らかい方に向かってC1~C5と名付けられています。


さあ行くぜ、お前ら。F1板のスターターパックだ。

”険悪な雰囲気”
”タイムなんて無意味”
”インタビューがソースの心理分析”
”三味線”

忘れ物だ。

”車体の絞り込み、ああレーキ角が! うんたらかんたらバージボード”

F1への公開質問状

なぜこんなにF1をフォローしにくくするんだ?

敬具 イラ立つオーストラリア人より

(※ 今年から公式のF1TVで冬テストの様子が中継されるようになりました。しかし、放映権の関係もあって、日本を含めいくつかの国ではF1TVに加入することができません)

マジで頼むからオーストラリアでもF1TVを見せてくれ。金はここにあるし、俺は待ってる。なぜ受け取らないんだリバティー・メディア!

イギリスからも賛同する!

今、午前3時半だ。僕はF1のテストを見ている。後悔は無い・・・。少なくとも昼の講義の時間がやって来るまでは。

タイヤの種類が意味不明なんだが。

免責事項:
テストのタイムに一喜一憂しないように。
2018年のポール・タイム: 1分16秒173
2018年のファステスト・ラップ: 1分18秒441

フォルツァ・フェラーリ・マンマ・ミーア・ベッテル・2019・チャンピオン・アリーヴェデルチ!

これぞ典型的な超楽天家イタリア人ってやつだよな。🤷‍

ホンダのPUが200周以上もできて良かった。でも、これから毎日PUを取っ替え引っ替えするのかな? 去年のトロロッソはそうしたと思ったんだけど。

去年のテストでは、ホンダは信頼性確認のためにテスト用のPUを用意して、それを取り替えながら何日か使っていた。そうして基本的な信頼性が確認できてから、開幕戦仕様のPUを持ち込んだんだ。

いかにホンダが去年のテストに慎重に取り組んでいたかが分かる。今年のトロロッソとレッドブルが同じことをするという兆候は見られないな。

リカルドに何か問題が??

いいや。ヒュルケンベルグによると、ルノーはフルパワーからは程遠い状態で、それは ”しばらく” 続くらしい(多分来週になるまで)。

だから通常運行だよ。

それに、DRSも正しく作動しなかった。ルノーが最下位なのはそのせいだ。

マクラーレンがちゃんと走ってるじゃないか!

McLaren fan 1
テスト結果に何の意味も無いのは分かってる。でも、マクラーレンのファンで良かったって感じがする。

バンドーンやアロンソがトップタイムを記録することもあった去年のテスト。

McLaren fan 1
シーッ、浸らせてよ。

またアロンソがトップ付近に・・・おっと。

おっと。

> ウィリアムズの周回数: 0

今年の獲得ポイント数もこんな感じかな。

ウィリアムズを除けば、どのチームも順調だったようだ。メルセデスとルノーがポテンシャルを出し切っていないのは明らかだから、問題無い。


去年のテスト初日はこちら

初日の午前中にベッテルの1分18秒台にはびっくりしました。この調子だと、フロントウイングを始めとした空力の単純化というレギュレーション変更にもかかわらず、今年もまた前年より速くなってしまうのでしょうか。各チームの引き出しの多さには驚かされます。

今年のホンダのPUは、当初噂されたような新設計ではなくキープコンセプトということで、順調に周回を重ねました。午前中、周回数が1桁から伸びないのはハラハラさせましたが、その後は安定していたようです。ホンダはこのまましばらく保守的な設定で行くような気がします。

長いようで短いシーズンオフを終えれば冬テスト・・・なんて言っていたらもう初日が終わっていました。
更新作業も久しぶりで勝手を忘れていましたが、サイトのメンテナンスも終えて、とりあえず更新してみます。
記事をお読みいただきありがとうございます。

参照元:Reddit https://redd.it/aruxtc/ https://redd.it/arzlvy/ https://redd.it/arzbkp/

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    2 コメント

      • コメントありがとうございます。
        第4期で初めて上位で戦える体制になりましたね。ルノーにはある意味感謝すべきかも知れません。
        シャシーにおんぶに抱っこではなく、PUも確かな役割を果たせると良いですね。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前