F1のシーズン前テストは19日に2日目を終えました。

トップタイムは初日のベッテルに引き続いてフェラーリのルクレールが記録し、1分18秒247でした。
一方、今日はガスリーのクラッシュ、リカルドの走行中のリアウイング破損など、目立つトラブルもありました。

海外のファンは2日目のテストをどのように見たのでしょうか。







タイム結果



トロロッソのアルボンが1周目でスピン

ヘルムート(※マルコ: レッドブルのモータースポーツ・アドバイザー)は忘れないぞ・・・。

今、ヘルムートがハートレーと電話中だ。

チームによると、マシンの問題であってアルボンのミスじゃないそうだ。

スピンはステアリングの問題によるものだった。フランツ・トスト談。

リカルドのマシンのリアウイングが吹き飛んでスピン

驚いたことに、バリアにはぶつからなかったようだ。ひどい不具合だよ。特に高速コーナーの手前で起こるにはね。

ああ、チャーリー(※ホワイティング: FIAの安全委任会代表)はじっくりと確認するだろうな。「これは起こってはいけない」の領域だと思う。

「明らかにしておきたいのは、これは通常の出来事ではないということだ」

段ボールでできてそう。

午前のテスト終了時点

Redditor 1
過剰反応しに来たよ。

どうぞ、続けてください。

Redditor 1
ルクレールが午前中だけでベッテルのたった0.1秒落ち!? 🐐🐐🐐🐐🐐

正に過剰反応。

ホンダPUの周回数はとても明るい材料だ。2台体制になったとは言え、このまま行けば去年の総周回数の半分を2日間で超えられそうだ。

ホンダとルノーのデータ量が1:3から2:2になって、これからどうなっていくのか気になるよ。

テスト終了後

マクラーレンが2日連続で2番手タイム、そして100周超えの周回数。素晴らしいスタートと言うべきだろう。

マクラーレンは正しくカムバックしたのかも!

・・・いや違う。タイヤのせいだった。

マクラーレンは2日間とも、2番目に柔らかいコンパウンドのタイヤと少ない燃料で予選走行したんだよ、見かけのためにね。

(※この後、マクラーレンだけがやってると言い切れるか、外から燃料量が分かるわけがない、などレスバトルが勃発しますが割愛)

俺はハミルトンが空気を読まずに1分17秒4を出すのをただ待っている。

最終日に1分16秒8、が正しいかもな。

まだテスト2日目ということは分かっているけど、ここ数年でフェラーリがこんなに盤石に見えることはなかった。彼らがこなした周回数は本当に印象的だ。

シュッシュポッポ・タイム?(※ 期待が膨らみすぎて夢列車に乗り込んでしまいそうだというHype Trainのこと)

この辺りじゃあ、いつでもシュッシュポッポ・タイムだぜ!


ガスリーのクラッシュは色々な意味で痛かったですね。マシンの特性によるものなら、早めに修正できると良いのですが。絵的にはリカルドほどの派手さがなかったせいか、ファンの反応も落ち着いたものでした。

マクラーレンのベストタイムは相変わらず営業感がありますが、去年ほど無理をしてる感じもしません。今年のマシンは悪くなさそうです。むしろ、同じような条件でタイムを出してもガツンと来ないトロロッソが少し気になります。まだ2日目なんですけどね。

今年からF1TVでテストの映像が配信された関係か、Redditのコメントがそれを前提としたあっさりしたものになった気がします。このまま8日間翻訳を続けるかどうか、ちょっと悩みどころです。
記事をお読みいただきありがとうございます。

参照元:Reddit https://redd.it/as80rm/ https://redd.it/ascs6r/ https://redd.it/ascmgd/ https://redd.it/as9o4q/

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    6 コメント

    1. 今の時期の一発タイムはあまり意味がないのでロングランの方に注目すると、
      レッドブル・トロロッソ共にロングランのタイムは安定して速かった。
      マクラーレンはロングランが遅かったです。
      フェラーリはタイヤの減りが早そうという意見が多かったです。

    2. トロロッソ、クビアトがトップタイムで終了。
      タイヤがC5かC4で出した17秒台だけどC3タイヤで18秒台出せたのはフェラーリのベッテルとレッドブルのフェルスタッペン、
      そしてトロロッソのクビアトだけ。
      ホンダPUとレッドブルテクノロジーの速さは本物であってw
      3日目の話ですまぬ。

    3. みなさんコメントありがとうございます。
      今年も適度に更新していければと思います。よろしくお付き合いください。

      2日目のロングランのデータを見ると、マクラーレンは今ひとつでしたね。タイミングモニタをたまに見るくらいだと、周回数も重ねていたし、急にタイムを出しに行ったようには見えなかったのですが。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前