F1のシーズン前テストは、28日に7日目を終えました。

この日の最速タイムを記録したのは、1分16秒台も前半まで突入したフェラーリでした。ルクレールがC5タイヤで1分16秒231を記録しています。ルクレールはC2タイヤでも1分17秒253を記録していて、最速マシンの気配を感じさせます。
しかし、この日はフェラーリ本体に加えてハースもマシンをストップさせ、赤旗の原因になっています。排気系には多少の不安があるようです。

レッドブル・ホンダのガスリーは、8コーナー手前で左のタイヤを芝に落としてしまい、スピンしてバリアにクラッシュしました。マシン後部は大きく壊れ、7日目のテストは終了となりました。

海外のファンは今日のテストをどのように見たのでしょうか。







テスト7日目の結果




ラップタイム 総合トップ5




チーム別周回数 総合順位



テスト前半

ハミルトンのC2で1分18秒.0をタイヤのタイム差で補正するといくつだっけ?

C5相当で1分16秒197だ。

マジかよ。

そしてルクレールが三味線の勢いを弱めた・・・。
C2で17秒2? ジーザス・クライスト。

現時点で、ハミルトンファンとして。僕は白旗の準備をしている。

(夢列車が再浮上)

トロロッソがC5で1分16秒9。

アルボンとトロロッソは良さそうだ。アルボンvsノリスは中位で面白い戦いになるだろうな。

ルクレールが1分16秒231! セクターベストをつなぐと1分16秒166!

ゼッケン16のドライバーが1分16秒166。
イルミナティが確認された (※ 海外版MMR的こじつけネタ)
あ、それからルクレールのチャンピオンもね。

2016年チャンピオンだな。

タイヤも何もかも違うけど、1周1.5秒くらいは落ちるとされていた新レギュレーションの下でルクレールが去年のフェラーリより速いタイムを記録した。

F1の開発力は信じられないほどだ。

最近、サーキットの路面が張り替えられたということは覚えておかないとね。それでも、1.5~2秒は遅くなるという予想は外れるだろうけど。

テスト後半

赤旗、ガスリーだ。

Rip Bull。

Verstappen fan 1
レッドブルがリタイアの練習をしているのを見るのは辛いよなあ。

クビアトは早めに昇格するかもな。

・・・またね。

クラッシュリーとクラシュタッペンのクラッシュブル・レーシング。

オートスポーツが「9コーナーのかなり手前で姿勢を失った」と言っている。去年、ハートレーがやったように、芝生に乗ったんじゃないか?
(※ この時点ではクラッシュの映像は出ていませんでした)

一流人から学んだな!


ルクレールが赤旗。

Auto Motor & Sportによると、FIAはウィリアムズのリアビュー・ミラーを規則違反だと見ている。開幕戦では別の仕様にする必要がありそうだ。

今の様子じゃ、ミラーを取り付ける必要もないよな。(皮肉)

フェラーリのガス欠テストか。

「ねえねえ、燃料無しでも走れるかどうかチェックすべきかな?」

排気系の問題だってさ。

テスト終了後


ガスリーと去年のハートレーのクラッシュの比較映像


ワオ、そっくりだ。

会社は君たちに二つのクラッシュの相違点を探してもらいたがっている。

ハートレーの方が速いね。バリアに向かうのが。

時は金なり。ハートレーは金を節約したんだ。

でもマシンからエンジン落ちちゃったじゃん。

取り外す手間を省いたんだ。

元ネタに気づいてない人が多いみたいだな😂 (※「会社は君たちに~」のフレーズはThe Officeというコメディードラマのセリフが元ネタ)

ガスリー + ハートレー = ガストリー?

ガ・ハース・トリー?




ルクレールとボッタスのロングランペース比較

Lecrec vs Bottas race stints with graphics


更新が遅くなってしまったので語りは抜きでひとまず更新します。お読みいただきありがとうございます。

参照元:Reddit https://redd.it/avoj04/ https://redd.it/avtulx/ https://redd.it/avttht/ https://redd.it/avigeq/

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    2 コメント

    1. ガスリーの2度のやらかしの影響で、チームスタッフはイギリスから予備のパーツを持ってきて徹夜でマシン修復せざるを得なくなり、Day8のタッペンは、1組しか用意していなかった新エアロパーツも失われて元のパーツで走らざるを得なくなり、終いにはギアボックスがトラブルり、クラッシュで2回交換した影響で予備のギアボックスも無く、わずか29周でテストを切り上げざるを得なくなる始末。

      新パーツの評価も半ばだし、予選シミュレーションもほぼ出来ず、2度のエンジン交換でホンダエンジンの耐久性テストも中途半端。
      幸いトロロッソのほうでエンジン一機で走りぬいたから、エンジンだけで言えばそっちのほうで信頼性の担保はある程度されたものの、ガスリーは自分の起こした多大な影響を認識して猛省すべき。

      去年の後半ハートレーといさかいを起こしていたけど、ハートレーと同じミスしているようでは人の事言えないでしょう。
      チームメイトは最大のライバルではあるけど、折衝してそれなりにうまくチームとしてやっていくのもドライバーの能力の一つであることも認識すべきではないかと。

      • コメントありがとうございます。
        クラッシュ一つで10時間くらいを失ってしまったのは痛かったですね。開幕から数戦は影響しそうです。
        ガスリーはいわゆるフランス人的というか、グロージャン的というか、自分から弱みを認めたら負けだという感覚で振る舞っているように見えます。
        内心で分かっているなら、本当のグロージャンコースを避けられる可能性はあると思います。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前