2019年のF1第1戦オーストラリアGP・フリープラクティス2(FP2)のデータをグラフ化してご紹介します。

設定欄からグラフの情報量を変えられるようになっています。PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。

表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。







FP2 結果

順位 ドライバー チーム タイム タイム差 周回数
1 ハミルトン メルセデス 1:22.600 33
2 ボッタス メルセデス 1:22.648 +0.048s 33
3 フェルスタッペン レッドブル 1:23.400 +0.800s 33
4 ガスリー レッドブル 1:23.442 +0.842s 31
5 ベッテル フェラーリ 1:23.473 +0.873s 35
6 ライコネン アルファロメオ 1:23.572 +0.972s 40
7 ヒュルケンベルグ ルノー 1:23.574 +0.974s 37
8 リカルド ルノー 1:23.644 +1.044s 31
9 ルクレール フェラーリ 1:23.754 +1.154s 35
10 グロージャン ハース 1:23.814 +1.214s 37
11 クビアト トロロッソ 1:23.933 +1.333s 36
12 マグヌッセン ハース 1:23.988 +1.388s 27
13 ストロール レーシングポイント 1:24.011 +1.411s 38
14 サインツJr マクラーレン 1:24.133 +1.533s 26
15 ジョビナッツィ アルファロメオ 1:24.293 +1.693s 37
16 ペレス レーシングポイント 1:24.401 +1.801s 34
17 アルボン トロロッソ 1:24.675 +2.075s 40
18 ノリス マクラーレン 1:24.733 +2.133s 26
19 ラッセル ウィリアムズ 1:26.453 +3.853s 32
20 クビサ ウィリアムズ 1:26.655 +4.055s 33



各チームの持ち込みタイヤ数




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ






年またぎに対応するために、グラフツールを色々とメンテしました。表示がおかしければお知らせください。

まだ開幕戦だからなのかは分かりませんが、今回のFP2はトップ3とそれ以外の間にあった空白地帯というものが全く見えません。フェラーリはミディアムタイヤをあまり使わなかったためか、完全に埋もれています。

その中から情報を拾っていくと、ソフトタイヤとミディアムタイヤで最速の気配を見せているのはメルセデスのようです。一発のタイムでも後続を0.8秒もちぎっていて、これだけ見ると今期も終了かという感じですが、まずは1戦見たいところです。

フェラーリは一発もロングランもメルセデスの後塵を拝しています。冬テストの好調ぶりからすると物足りませんが、余裕の表れなのでしょうか。

レッドブルはフェルスタッペンが軽タンの変速ロングランをしています。他と比べることはできないデータですね。ガスリーは極めて平凡なタイムで、なんとも言えません。

トップ3以外は混沌としています。トロロッソのクビアトはセッション終盤にミディアムタイヤで印象的なペースを残しています。アルファロメオのライコネンも存在感を見せていますね。

参照元:fia.com https://bit.ly/2F4QRAK

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前