22日、大リーグのシアトルマリナーズに所属するイチロー選手が引退を発表しました。

東京ドームでの公式戦に出場したイチロー選手は、8回まで出場して交代しました。ベンチ裏に下がる前、イチロー選手は出迎えたチームメイト一人一人と言葉を交わし、ハグし合いました。観客席からは日本のファンから拍手が送られ続け、感動的な場面は世界に届けられました。

本場のMLBファンはこの様子をどのように受け止めたのでしょうか。







数日間だけでも菊池がイチローのチームメイトになれて良かったよ。彼にとってこの経験がどんなものなのか、僕には想像が付かないよ。

マリナーズがイチローにそうさせたのは、とってもクールだ。なんて完璧な終わり方なんだろう。これ以上のシナリオは無いね。

チームは2勝して、イチローは無事にプレイした。何も悪いところはない。完璧な終わり方だった。

Athletics fan
僕は2つほど悪いところを思い付くよ。 -_-

(※ アスレチックスはマリナーズと同リーグ同地区です)

Nationals fan
泣くとは思ってなかった。

間違ってた。

菊池の番が来るまでは平気だった。

Phillies fan
退場の場面で俺を泣かせたのは2人だけだ。リベラ、それからイチローだ。
今夜はバックヤード・ベースボール2001で遊ぶか。

菊池は俺たちみんなだ。

この特別な日に、僕たちみんながデビューしたんだね。

“デビュー”が“泣く”って意味なら、そうだな。今日は俺たちみんながデビューしてるな。

Mariners fan 1
僕は朝からずっとデビューしているよ。

Red Sox fan
僕が子供の頃からお気に入りだったプレイヤーは、みんないなくなってしまったようだ。悲しい日だ。
イチローが恋しくなるだろうな。

イチローが色々やっている間に球場で流れていた涙を誘うBGMのことについて書き込む人は誰もいないの?!?!
ベーブ・ルースがセンター方向から歩いてきて、イチローに「準備はできているか」と聞くんじゃないかと期待していたよ。

それフィールド・オブ・ドリームスじゃねーか。

「いつの間にこんなにプレイヤーが集まっていたんだ?」

「ヘイ……、イチロー……。キャッチボールするか?」

『フィールド・オブ・ドリームス』は、1989年公開のアメリカ合衆国の映画。野球を題材に、60年代をキーワードとして夢や希望、家族の絆といった、アメリカで讃えられる美徳を描き上げたファンタジー映画である。 (※ 抜粋)

引用元:Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/フィールド・オブ・ドリームス

Mets fan
僕はプロスポーツ選手の中でイチローが一番好きなんだ。これは分かっていた事だけど、彼が本当に引退するという事を考えるのは、とても非現実的だよ。
彼に敬意を払って、今日はイチローのユニフォームを着て仕事をするよ。

Dodgers fan
これが起きると知らずに、週末は気まぐれでイチローのユニフォームを着ていた。センセイの最後の教えだ。

Mariners fan 2
野球を見ながらこれだけ感情的になることがあるとは思わなかった。イチローは間違いなく僕の一番好きな選手だった。彼には、こんな壮大で感情的な退場劇が相応しいよ。
イチローはあらゆる意味で真のレジェンドだった。僕は決してこの瞬間を忘れないだろう。本当にありがとう、イチロー。

ホーム開幕戦でチームがイチローのために何かしてくれると良いな。

やってくれ、そしてすぐに彼の背番号を永久欠番にするんだ。

Mariners fan 3
ランディと一緒に?

ランドール・デビッド・ジョンソンは、アメリカ合衆国カリフォルニア州コントラコスタ郡ウォールナットクリーク出身の元プロ野球選手(投手)。左腕歴代最多となるサイ・ヤング賞5度受賞、歴代2位の通算4875奪三振を記録した、メジャーを代表する左腕投手。 (※ 抜粋)

引用元:Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/ランディ・ジョンソン

なんてことだ……。2人とも51番を付けていたのか? とんでもなく奇妙だ、今の今まで全然気付かなかった。球団の偉大な選手の3人の内2人が同じ番号を付けていた……。そしてそれが51だった。

一番奇妙なのは、イチローがそれを選んだわけではないということだ。マリナーズはイチローに51番を “割り当てた”。ランディ・ジョンソンが10年近くそれを付けていたのにね。

Blue Jays fan
イチローの殿堂入り授与式が待ちきれないよ。

Angels fan
僕たちみんなが生きて殿堂入り授与式を見ることになるとは、未だにびっくりだ。ずっとプレイし続けるんだと思っていた。

イチローが最後の日にヒットを打てて良かったよ。僕たちみんなの心に届くヒットをね。

足で稼ぐ内野安打もね。全盛期と同じように。


今シーズンのイチロー選手はオープン戦から全く調子が上がりませんでしたが、開幕戦のスタメン出場が発表されていました。こういう事を意味していたわけですね。
50歳までプレイするという本人の言葉に真実味があったために、またはそうなってほしいと願っていていたために、なんだか急にこの日がやってきたような気がします。

投手と比べて野手で成功することが難しい日本人選手にあって、さらに歴代のMLBの選手たちの中でも抜群の成績を残したイチロー選手は本当に素晴らしいと思います。
イチロー選手から直接バトンを引き継いだ菊池選手、そして野手としてもイチロー選手に匹敵する可能性を感じさせる大谷選手を始め、日本人選手たちが後に続くことを願います。
今のところはひとまず、お疲れ様でした。

参照元:Reddit https://redd.it/b3q6a2/

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    5 コメント

    1. もう少し夢の続きを見ていたかった気もするが、ついにこの日が来てしまった。
      人生100年時代が来ようかという時代になっても、スポーツ選手が第一線で活躍できる期間というのはあまり変わっていない。
      むしろ身体能力的に若くないと勤まらないスポーツも多く、近年低年齢化が著しいものさえある。
      常に万全の準備を怠らないイチローでさえ、その波に大きくは抗えなかった。
      科学的に人体の仕組みの詳細が解明されていって、その傾向がいくらか変わっていく未来もあるかもしれないが、今のところまだ何とも言えない。
      これからアスリートの世界を志す若者には、若さが持つ可能性とエネルギーを大切にして、輝かしい時期を伸び伸びと過ごして欲しいと切に願う。

    2. ついにこのときがきてしまいましたね。
      このレベルで走攻守三拍子揃った選手はこれからしばらくは現れないでしょうね。
      ただただ寂しく思います。

    3. 遅ればせながら、コメントありがとうございます。
      打者は球が見えないと話にならないですし、投手は肩や肘が消耗品。長く続けるのは本当に難しいですね。
      50代で現役のスポーツ選手の凄さも改めて感じます。レーシングドライバーでもライダーでもサッカー選手でも、日本にはそういう方がいますし、いましたからね。

    4. 日本でも51を付けてた事はあまり知られてないのかな?
      まあそれでもランディジョンソンと同じだったのは奇跡だけど、
      入団がそれをしたのではなくもともとそうだった言う奇跡違いだね。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前