2019年のF1第2戦バーレーンGP・フリープラクティス2(FP2)のデータをグラフ化してご紹介します。

グラフの凡例をクリックすると、ドライバー毎に表示・非表示を切り替えられます。設定欄からも表示を調整できるようになっています。

PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。







FP2 結果

順位ドライバーチームタイムタイム差周回数
1ベッテルフェラーリ1:28.84632
2ルクレールフェラーリ1:28.881+0.035s32
3ハミルトンメルセデス1:29.449+0.603s33
4ボッタスメルセデス1:29.557+0.711s36
5ヒュルケンベルグルノー1:29.669+0.823s32
6フェルスタッペンレッドブル1:29.725+0.879s34
7マグヌッセンハース1:30.000+1.154s33
8ノリスマクラーレン1:30.017+1.171s25
9グロージャンハース1:30.068+1.222s34
10クビアトトロロッソ1:30.093+1.247s36
11サインツマクラーレン1:30.192+1.346s33
12ガスリーレッドブル1:30.429+1.583s31
13アルボントロロッソ1:30.458+1.612s36
14ペレスレーシングポイント1:30.716+1.870s32
15リカルドルノー1:30.848+2.002s30
16ライコネンアルファロメオ1:31.088+2.242s6
17ストロールレーシングポイント1:31.129+2.283s31
18ジョビナッツィアルファロメオ1:31.144+2.298s10
19ラッセルウィリアムズ1:31.904+3.058s32
20クビサウィリアムズ1:32.932+4.086s37



各チームの持ち込みタイヤ数




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ






前回のオーストラリアGPと違って、トップ3チームとその他の差は開き気味です。これが力関係通りなのだと思います。

トップ3チームに注目すると、ソフトタイヤではフェラーリの持ちが良さそうです。タイヤの周回数が分からないので何とも言えませんが、ルクレールはスティントの10周台を35秒台で維持できています。
ボッタスもそれに近いのかも知れませんが、タイムが暴れてちょっと分かりにくいですね。

ミディアムタイヤではレッドブルのフェルスタッペンが良いですね。本人もミディアムタイヤについては強気のコメントをしています。
ただ、フェルスタッペンはアタックラップでフルパワーが出なかったことについてもコメントしています。ちょっと心配です。
ボッタスはミディアムタイヤでも点々とフェルスタッペンを上回るペースを記録していて、真価は分かりにくくなっています。

中段勢ではトロロッソが謎の速さを見せています。トップ3チームの6人を消してみると、トロロッソの速さが際立ちます。
去年、4位に入賞したガスリーも、FP2では中段勢最速のペースでした。その時は一発でも8番手でしたから、トロロッソが同じような一発の速さを見つけられれば、今年も中段勢上位でのゴールが期待できそうです。

一発が速く、ペースも悪くないルノーも強そうですね。そこに、ハースやレーシングポイント辺りが続いているようです。

参照元:fia.com https://bit.ly/2F4QRAK

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前