2019年のF1第2戦バーレーンGP、優勝したのは安定性と速さを兼ね備えたメルセデスのハミルトンでした。

レースはハイライト映像の通り、なかなかに波乱の多いレースでした。
ベッテルはピットアウト後のハミルトンとのバトルで焦りが祟ってスピン。
ルクレールはトップを快走するも終盤にエンジントラブルでパワーが落ち、優勝どころか表彰台も失う勢いでずるずると後退。
残り3周、ルクレールがフェルスタッペンにも抜かれて4位に落ちる寸前、ルノーの2台に同時にパワーユニットのトラブルが発生してコース脇にストップ。セーフティーカーが出て追い抜き禁止となり、ルクレールは辛くも3位表彰台を守りました。

海外のF1ファンはこのレースをどのように見たのでしょうか。




レースハイライト
 https://www.youtube.com/watch?v=0VjWY–QdMA 


レース結果

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム差 ポイント
1 ハミルトン メルセデス 57 1:34:21.295 25
2 ボッタス メルセデス 57 +2.980s 18
3 ルクレール フェラーリ 57 +6.131s 16
4 フェルスタッペン レッドブル 57 +6.408s 12
5 ベッテル フェラーリ 57 +36.068s 10
6 ノリス マクラーレン 57 +45.754s 8
7 ライコネン アルファロメオ 57 +47.470s 6
8 ガスリー レッドブル 57 +58.094s 4
9 アルボン トロロッソ 57 +62.697s 2
10 ペレス レーシングポイント 57 +63.696s 1
11 ジョビナッツィ アルファロメオ 57 +64.599s 0
12 クビアト トロロッソ 56 +1 lap 0
13 マグヌッセン ハース 56 +1 lap 0
14 ストロール レーシングポイント 56 +1 lap 0
15 ラッセル ウィリアムズ 56 +1 lap 0
16 クビサ ウィリアムズ 55 +2 laps 0
17 ヒュルケンベルグ ルノー 53 DNF 0
18 リカルド ルノー 53 DNF 0
19 サインツ マクラーレン 53 DNF 0
NC グロージャン ハース 16 DNF 0



スタート前、レースのスポンサーであるガルフ・エアの旅客機が強風の中を低空でオーバーパスする
 https://streamable.com/tw1ql


戦闘機はいいよ。

ファッキン旅客機がサーキットの上空でドリフトするのはファッキン恐ろしい。

低空飛行と大きな横滑り、凄かったな。
でも、あの旅客機は新型のボーイング787だ。ボーイングの新型は決してトラブルを起こさない。

レース開始

トロロッソは3台走らせてるのか。

爆笑。

ジーザス。

Sky「新しいDRSの設定は良いね。オーバーテイクだらけだ!」

ベッテルがハミルトン (※ イギリス人 ) をオーバーテイクする

Sky「DRSゾーンは減らすべきかも知れないな」

英国メディアのハミルトン絡みのバイアスが凄い。

ガスリーは素晴らしい中段ドライバーだ。

もう中段でうろうろしなくて良いことを思い出してもらう必要がある。

ベッテルがスピン

Ferrari fan 1
もう俺を去勢してくれ。

これが素晴らしいのは、少し後には「グラッツェ・ラガッツィ」 (※ ベッテルが優勝したときの決まり文句) を聞ける可能性がまだあるってことだ。

追記: うん、どうにでもしてくれ。

MISSION SPINNOW

(※ 元ネタはフェラーリのスポンサーのキャッチコピー “MISSION WINNOW” )

アハハハハ

2019年、もはやベッテルはスピンするのに接触を必要としない。

トップ快走中のルクレールがエンジントラブルでペースを失う

ノーーーーー

Ferrari fan 2
気が抜けた。ファ○ク。

Vettel fan
何で俺たちフェラーリファンは良い思いができないんだ。死んだわ。

Ferrari fan 3
スピン:✔
エンジントラブル:✔

典型的なフェラーリのレース運び。

エンジニアの戦術的大成功が抜けてるぞ。

フェラーリよ、僕の心で遊ぶのを止めてくれ。

ルノーの2台に同時にPUトラブルが発生してストップ

何が起こっているんだこのレース!?

Twitch配信者が6位。どうなってんだ。

(※ ノリスはTwitchでゲーム配信をしていたようです)

PUを供給せずにレッドブルの邪魔をするルノーの信頼性。

伝統の通りです。

これは何か発展形の呪いだ。

フェラーリ「MGU-Hを失った」

ルノー「(飲みかけのビールを手渡して)俺たちはマシンが無いぞ」

4分の3リタイア。ルノー・スペシャル。

誰かがメイン・スイッチを見つけたのか。

その頃、エンストンのどこかで、押すべきでなかったスイッチから誰かが静かに離れた。

(※ エンストンはルノーF1の本拠地)

レース終了

もしもセーフティーカー (※ 以下SC ) があと5周早く出ていたら、ルクレールにとってどれだけ壊滅的なことになったのかということに気付いた。あと5周もあれば、全ドライバーの半分は彼をオーバーテイクできていただろう。

なんてことだ。全然思い付かなかった。そのときにはルクレールをリタイアさせていただろうな。新しいギアボックスとか諸々のためにね。

そのシナリオでも、あれは長いSCになりそうだった。
リカルドのマシンにはステアリングが無かったから、どうやって動かすのか。SCに入ったばかりで整列するには時間がかかるし、周回遅れを先に行かせてまた追い付かせて……。

トップ3チームが中段勢以下に大きなタイム差を付けるまでにかかった時間の長さには驚いた。10周しても全チーム(ウィリアムズを除く)が一画面に収まっていた。

それに、中段勢はレース中ずっと団子になっていた。新しいレギュレーションはとても上手く機能しているように見える。

新しいレギュレーションはコーナーでの助けになっていて、それ以外の場所で彼らを接近させていたのは追加のDRSゾーンだ。特に団子になっているところでは、複数のドライバーがDRSを使っていた。

このグランプリがこれからのレースのお試しなんだとしたら、今シーズンは凄いことになるかも知れない。
僕は次のレースでフェラーリが優勝してくれることを願っている。そうすれば、本当のタイトル争いが見られるからね。

正直に言って、2018年も前半は凄かった。エキサイティングなトップチームの戦い、中段勢のカオス。
でも、その後はフェラーリがへまをやったから、まあ……。

へまをするのも早かった。ベッテルは中国GPでポールポジションを取って優勝できなかったと記憶している。
一方のメルセデスはポールポジションの多くを優勝につなげていた。

ニュー・ボッタスって言ったよな。
チャンピオン候補だって言ったよな。
もうハミルトンの陰には留まらないって言ったよな。

「みんな、ごめん」

そんなことないよシャルル、みんなが気の毒に思っている。あんなに速かったじゃないか。

バラは赤く

ルノーは壊れ

ベッテルは自爆し

そして 可哀想なシャルル・ルクレール


強風やサーキットの周囲から飛んでくる砂などトリッキーな要素が多かったためか、予選から決勝で力関係の変わったチームがいくつかありました。

フェラーリファンには大変なレースでした。ルクレールは残念でしたが、フェラーリ×ルクレールの速さは本物に見えます。これまではベッテルの自爆がメルセデスを相当楽にしていたことを考えると、シーズンを通したフェラーリの強さには期待が持てます。

レッドブルはマシンのドライバビリティが厳しかったですね。マクラーレンに突かれる様はおいおいという感じでした。チームの修正力に期待します。

何かと注目されるマクラーレンは、2戦目は速さを見せました。トロロッソから引き抜いたジェームス・キーも加わってシーズン中の開発力が上がれば、中段勢の強力なライバルになりそうです。

2日遅れの記事更新ですが、お読みいただきありがとうございました。

参照元:Reddit https://redd.it/b7ollv/ https://redd.it/b7ppb6/ https://redd.it/b7pjcj/b7peg5/ https://redd.it/b7q22y/ https://redd.it/b83hvn/

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    4 コメント

    1. 途中までバトルありトラブルありドラマありの熱い展開だったのだが、結末がしょっぱかった・・・

      にしても、レッドブルはちょっと心配。
      もともとPUが多少劣っていても、シャシーでカバーして戦うはずだったのが、
      シャシーでつまづくとは・・・。しかもいじる程わるくなってるし。

      記事によるとスペインまでには修正されるらしいが、たのむぜ?

    2. レッドブルは今回ピットでもミスがありましたね、あれがなけりゃフェルスタッペンはギリギリ
      SC前にルクレールを抜けてた可能性もあったと思うと余計にやり切れない…。
      中段勢もそれ以上にトチってる結果、かろうじて二強の後ろにいられる様な有様は正直不安しか抱けない。
      少しでも早くシャシーの改善、ガスリーの更なる奮起を期待したい所です。

    3. 遅ればせながら、皆さんコメントありがとうございます。
      レッドブルはバーレーンのテストで解決の糸口を見つけたようですから、今回が底だといいですね。
      フェラーリの直線は異次元の速さという他チームからのコメントにはうーんですが。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前