2019年のF1第3戦中国GP・フリープラクティス2(FP2)のデータをグラフ化してご紹介します。

グラフの凡例をクリックすると、ドライバー毎に表示・非表示を切り替えられます。設定欄からも表示を調整できるようになっています。

PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。




公式ハイライト動画
 https://www.youtube.com/watch?v=v2oguxgcZoQ


FP2 結果

順位ドライバーチームタイムタイム差周回数
1ボッタスメルセデス1:33.33037
2ベッテルフェラーリ1:33.357+0.027s33
3フェルスタッペンレッドブル1:33.551+0.221s29
4ハミルトンメルセデス1:34.037+0.707s32
5ヒュルケンベルグルノー1:34.096+0.766s31
6サインツマクラーレン1:34.141+0.811s36
7ルクレールフェラーリ1:34.158+0.828s13
8ノリスマクラーレン1:34.296+0.966s38
9リカルドルノー1:34.336+1.006s32
10ガスリーレッドブル1:34.455+1.125s32
11ライコネンアルファロメオ1:34.551+1.221s33
12アルボントロロッソ1:34.634+1.304s37
13クビアトトロロッソ1:34.694+1.364s20
14ストロールレーシングポイント1:34.779+1.449s37
15ペレスレーシングポイント1:34.784+1.454s35
16マグヌッセンハース1:34.788+1.458s34
17グロージャンハース1:35.704+2.374s32
18ジョビナッツィアルファロメオ1:35.914+2.584s40
19クビサウィリアムズ1:36.121+2.791s38
20ラッセルウィリアムズ1:36.229+2.899s35



各チームの持ち込みタイヤ数




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ






ロングランも平均値か何かを取って順位付けできないかと考えましたが、タイヤの違いがあったり、同じロングランでも前半より後半の方がタイムが出やすかったりで、今回は諦めました。
というわけで、今回もグラフを見た感じの感想を並べていきます。

■ トップ3チームについて
ベッテルのハードタイヤのペースが速いですね。フェラーリはルクレールのマシンにトラブルがあったことでミディアムタイヤのデータが取れていませんが、前戦に続いて強いレースをしてきそうです。

レッドブルの2台は後半のミディアムタイヤのペースがちょっと物足りないでしょうか。
ガスリーは一発のタイムでは相変わらずフェルスタッペンに大差を付けられていますが、ロングランではそれほどでもなくなってきています。復調の兆候だと良いのですが、まずはQ2を突破するところからですね。

■ 中段勢について
ハースとレーシングポイントが妙に大人しいおかげで、ルノー勢の2チームが中段勢上位の位置に納まっています。

トロロッソのアルボンは前戦に続いて謎の好ペースを見せていますが、その前戦が不発だったことからすると、他チームよりも軽タン気味なのでしょうか。
クビアトはマシンに積まれたホンダPUに異常値が見られたということでPUの交換がありました。アップデート前に2基目を入れてしまったことも痛いですが、まずは根深い問題でないことを祈ります。

参照元:fia.com https://bit.ly/2F4QRAK

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前