2019年のF1第4戦アゼルバイジャンGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。

グラフの凡例をクリックするとドライバー毎に表示・非表示を切り替えられます。設定欄でもグラフの表示を調整できます。
PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。




公式レースハイライト
 https://www.youtube.com/watch?v=8eE9bofwhhs




決勝 結果

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム差 ポイント
1 ボッタス メルセデス 51 1:31:52.942 25
2 ハミルトン メルセデス 51 +1.524s 18
3 ベッテル フェラーリ 51 +11.739s 15
4 フェルスタッペン レッドブル 51 +17.493s 12
5 ルクレール フェラーリ 51 +69.107s 11
6 ペレス レーシングポイント 51 +76.416s 8
7 サインツ マクラーレン 51 +83.826s 6
8 ノリス マクラーレン 51 +100.268s 4
9 ストロール レーシングポイント 51 +103.816s 2
10 ライコネン アルファロメオ 50 +1 lap 1
11 アルボン トロロッソ 50 +1 lap 0
12 ジョビナッツィ アルファロメオ 50 +1 lap 0
13 マグヌッセン ハース 50 +1 lap 0
14 ヒュルケンベルグ ルノー 50 +1 lap 0
15 ラッセル ウィリアムズ 49 +2 laps 0
16 クビサ ウィリアムズ 49 +2 laps 0
NC ガスリー レッドブル 38 DNF 0
NC グロージャン ハース 38 DNF 0
NC クビアト トロロッソ 33 DNF 0
NC リカルド ルノー 31 DNF 0



ドライバー総合順位

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ボッタス メルセデス 87
2 ハミルトン メルセデス 86
3 ベッテル フェラーリ 52
4 フェルスタッペン レッドブル 51
5 ルクレール フェラーリ 47
6 ペレス レーシングポイント 13
7 ガスリー レッドブル 13
8 ライコネン アルファロメオ 13
9 ノリス マクラーレン 12
10 マグヌッセン ハース 8
11 ヒュルケンベルグ ルノー 6
12 サインツ マクラーレン 6
13 リカルド ルノー 6
14 ストロール レーシングポイント 4
15 アルボン トロロッソ 3
16 クビアト トロロッソ 1
17 ジョビナッツィ アルファロメオ 0
18 グロージャン ハース 0
19 ラッセル ウィリアムズ 0
20 クビサ ウィリアムズ 0



コンストラクター総合順位

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 173
2 フェラーリ 99
3 レッドブル 64
4 マクラーレン 18
5 レーシングポイント 17
6 アルファロメオ 13
7 ルノー 12
8 ハース 8
9 トロロッソ 4
10 ウィリアムズ 0




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ



タイム差グラフの0秒は優勝者のラップタイムです。ただし、優勝者のイン/アウトラップはその周の最速ラップタイムとしています。


上位が互いに接近していって正にこれから、というところでバーチャルセーフティーカー(VSC)が出てしまいました。
フェルスタッペンはそこでタイヤの温度を失って後退、ベッテルも同じく後退、前2台は熱いバトルを展開するも、どちらにせよメルセデスワンツー……。

フェルスタッペンのミディアムタイヤに履き替えてからのペースは非常に良く、単独走行でもほぼ最速のペースで走り続けています。直線の長いサーキットでこれだけできれば、ホンダPUもなかなか良い仕事をしていると言えそうです。
それだけに、ソフトタイヤの第一スティントで大きく離されたのは痛かったですね。次戦に投入される車体のアップデートに期待します。

ガスリーは7位以下にピットストップ1回分の差を付けて6位を確保していました。フェルスタッペンと比べてしまうとペースは物足りませんが、少しずつ良くなっている感はあります。

中段勢ではマクラーレンとレーシングポイントが良いペースでした。
ここまでのマクラーレンの速さは安定しています。各チームがアップデートを持ち込む次戦を上手く乗り切れば、中段勢最上位も見えてきそうです。


参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    2 コメント

    1. 更新お疲れ様です。
      レッドブルのペースも悪くなかったのですが、ソフトを機能させられたメルセデスが一枚上手でしたね。
      次戦はレッドブルに大型アップデートが入るようなので、今からスペインGPが待ち遠しいです。

      • コメントありがとうございます。
        レッドブルの次戦アップデートには期待してしまいますが、ホーナーがアップグレードについて「微妙な物だ」「革命的と言うより発展的」「通常のフロントとリアのウイングのアップグレード」と語ったと伝えるメディアもあるようです。
        謙遜であってほしい気もしますし、実際ペースは良いので大きな改変は必要ないのかも知れませんし、どうなるでしょうね。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前