2019年のF1第5戦スペインGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。

グラフの凡例をクリックするとドライバー毎に表示・非表示を切り替えられます。設定欄でもグラフの表示を調整できます。
PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。




公式レースハイライト
 https://www.youtube.com/watch?v=xsWaxYlCbac




決勝 結果

順位ドライバーチーム周回数タイム差ポイント
1ハミルトンメルセデス661:35:50.44326
2ボッタスメルセデス66+4.074s18
3フェルスタッペンレッドブル66+7.679s15
4ベッテルフェラーリ66+9.167s12
5ルクレールフェラーリ66+13.361s10
6ガスリーレッドブル66+19.576s8
7マグヌッセンハース66+28.159s6
8サインツマクラーレン66+32.342s4
9クビアトトロロッソ66+33.056s2
10グロージャンハース66+34.641s1
11アルボントロロッソ66+35.445s0
12リカルドルノー66+36.758s0
13ヒュルケンベルグルノー66+39.241s0
14ライコネンアルファロメオ66+41.803s0
15ペレスレーシングポイント66+46.877s0
16ジョビナッツィアルファロメオ66+47.691s0
17ラッセルウィリアムズ65+1 lap0
18クビサウィリアムズ65+1 lap0
NCストロールレーシングポイント44DNF0
NCノリスマクラーレン44DNF0



ドライバー総合順位

順位ドライバーチームポイント
1ハミルトンメルセデス112
2ボッタスメルセデス105
3フェルスタッペンレッドブル66
4ベッテルフェラーリ64
5ルクレールフェラーリ57
6ガスリーレッドブル21
7マグヌッセンハース14
8ペレスレーシングポイント13
9ライコネンアルファロメオ13
10ノリスマクラーレン12
11サインツマクラーレン10
12リカルドルノー6
13ヒュルケンベルグルノー6
14ストロールレーシングポイント4
15アルボントロロッソ3
16クビアトトロロッソ3
17グロージャンハース1
18ジョビナッツィアルファロメオ0
19ラッセルウィリアムズ0
20クビサウィリアムズ0



コンストラクター総合順位

順位チームポイント
1メルセデス217
2フェラーリ121
3レッドブル87
4マクラーレン22
5レーシングポイント17
6ハース15
7アルファロメオ13
8ルノー12
9トロロッソ6
10ウィリアムズ0




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ



タイム差グラフの0秒は優勝者のラップタイムです。ただし、優勝者のイン/アウトラップはその周の最速ラップタイムとしています。
タイム差グラフの縦軸の説明が「ラップタイム」となっていますが、正しくは「タイム差」です。いずれ修正したいと思います。


46~52周目はセーフティーカーが入っています。

タイム差のグラフを見ると、フェラーリの2台がお互いにタイムをつぶし合ってしまっているのがよく分かります。これが無ければ、フェルスタッペンに早くプレッシャーを掛けられたかも知れません。
ただ、セーフティーカー開けの詰まった状態からでもフェルスタッペンがフェラーリを近づけさせなかったところを見ると、今回はフェルスタッペンが一枚上だったようです。

レッドブルはソフトタイヤを積極的に使っていけました。ソフト側のタイヤで苦しんでいた問題が解決したのか、今回のソフトタイヤが固めのC3タイヤだったためなのか、気になります。

ガスリーはレース後にもポジティブなコメントを残していますが、今回のレース前半のように何も無い展開が続くとフェルスタッペンから順調に遅れていってしまいます。
タイヤの違いがあるとは言え、チームメイト同士で30秒も差が開いたのは他にはアルファロメオだけです。まだ対応すべきことは残っていますね。

理想的な条件でファステストラップを出しに行けたのはメルセデスの2台だけでした。最後のスティントにソフトタイヤを持ってきたことも奏功していますね。

FP2のロングランでは大人しかったハースですが、今回はレースペースが良かったですね。予選では中段勢から抜け出していますから、その他の中段勢からすると脅威が増しそうです。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    3 コメント

    1. コンストラクターズ2位を狙うには、ガスリーがコンスタントにフェラーリを上回れるレースを作れることが不可欠なので、早く車に慣れて欲しいところ。
      去年みたいにセットアップさえ決まれば、今でもいい仕事をしそうな気はするんだけどなぁ。

    2. 更新お疲れ様です。
      決勝タイム差を見てみると、メルセデスが圧倒的ですね。空力のレギュレーション変更はRBには向かい風になってしまいましたね。
      メルセデスが速すぎて、もはや今年のチャンピオンはボッタスかハミルトンの二択ですが、コンスト二位はまだわかりませんね。
      我らがRBはフェルスタッペンがフェラーリの二台を上回ることが多々あるので、あとはガスリー次第でコンスト二位に食い込めるのではないかと思います。
      RBの車体はまだまだグリップが足りてないそうなので、PUともにこれからのアップデートに期待したいですね。

    3. 遅ればせながら、皆さんコメントありがとうございます。
      ガスリーはQ3に進めないほどの苦戦はなくなったものの、トップ5からも中段勢からも離れた位置に落ち着いてしまった感もあります。
      イレギュラーな形でフェルスタッペンと比較される立場になってしまってガスリーのF1人生は結構大変な部類に入るでしょうが、何とか乗り越えてほしいですね。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前