2019年のF1第8戦フランスGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。

グラフの凡例をクリックするとドライバー毎に表示・非表示を切り替えられます。設定欄でもグラフの表示を調整できます。
PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。




公式レースハイライト動画はこちら


決勝 結果

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム差 ポイント
1 ハミルトン メルセデス 53 1:24:31.198 25
2 ボッタス メルセデス 53 +18.056s 18
3 ルクレール フェラーリ 53 +18.985s 15
4 フェルスタッペン レッドブル 53 +34.905s 12
5 ベッテル フェラーリ 53 +62.796s 11
6 サインツ マクラーレン 53 +95.462s 8
7 ライコネン アルファロメオ 52 +1 lap 6
8 ヒュルケンベルグ ルノー 52 +1 lap 4
9 ノリス マクラーレン 52 +1 lap 2
10 ガスリー レッドブル 52 +1 lap 1
11 リカルド ルノー 52 +1 lap 0
12 ペレス レーシングポイント 52 +1 lap 0
13 ストロール レーシングポイント 52 +1 lap 0
14 クビアト トロロッソ 52 +1 lap 0
15 アルボン トロロッソ 52 +1 lap 0
16 ジョビナッツィ アルファロメオ 52 +1 lap 0
17 マグヌッセン ハース 52 +1 lap 0
18 クビサ ウィリアムズ 51 +2 laps 0
19 ラッセル ウィリアムズ 51 +2 laps 0
NC グロージャン ハース 44 DNF 0



ドライバー総合順位

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ハミルトン メルセデス 187
2 ボッタス メルセデス 151
3 ベッテル フェラーリ 111
4 フェルスタッペン レッドブル 100
5 ルクレール フェラーリ 87
6 ガスリー レッドブル 37
7 サインツ マクラーレン 26
8 ライコネン アルファロメオ 19
9 リカルド ルノー 16
10 ヒュルケンベルグ ルノー 16
11 マグヌッセン ハース 14
12 ノリス マクラーレン 14
13 ペレス レーシングポイント 13
14 クビアト トロロッソ 10
15 アルボン トロロッソ 7
16 ストロール レーシングポイント 6
17 グロージャン ハース 2
18 ジョビナッツィ アルファロメオ 0
19 ラッセル ウィリアムズ 0
20 クビサ ウィリアムズ 0



コンストラクター総合順位

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 338
2 フェラーリ 198
3 レッドブル 137
4 マクラーレン 40
5 ルノー 32
6 レーシングポイント 19
7 アルファロメオ 19
8 トロロッソ 17
9 ハース 16
10 ウィリアムズ 0




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ



タイム差グラフの基準は最先着したドライバーのラップタイムです。ただし、そのイン/アウトラップはその周回の最速ラップタイムとしています(SC中などは都度調整)。
タイム差グラフの縦軸の説明が「ラップタイム」となっていますが、正しくは「タイム差」です。いずれ修正したいと思います。


リカルドは最終周にコースアウトし、復帰時にノリスの進路を妨害したとして5秒のタイムペナルティ、さらに安全に復帰しなかったことでも5秒、合計10秒のタイムペナルティを受け、11位に繰り下げになっています。

レースペースから導き出される理論上のレース展開とでも言いますか、特に三強チームはほとんどの場面で交差することなくじわじわと差が広がっていく展開でした。

レース終盤、新品ソフトタイヤに履き替えてファステストラップの1ポイントを取りに行ったベッテルと、30周近く履き古したハードタイヤのハミルトンがほぼ同タイムというのは、どういうことなんでしょうね。
予選ではソフトよりミディアムが速い状況もあったわけですが、さすがに2段階のコンパウンドと30周近い周回数の差を埋めるとも思えませんし、やはりそれだけメルセデスが余裕を持って走っていたと考えるしかないのでしょうか。

今回も中段勢に自然に溶け込んでいたガスリー。リカルドの大暴れが無ければ紛れ無しでポイント圏外だったというのは相当まずいですね。
しかも、今回は三強と中段勢の間で明確にペースの差があり、本来はガスリーがファステスト狙いができる位置にいるべきでした。
中古ソフトタイヤでQ3下位からスタートして後手に回るくらいなら、素直にQ2落ちして中段勢とタイヤ条件を揃えた方が戦えそうな気すらします。


参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前