2019年のF1オーストリアGPはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝しました。
最初の記事ではグランプリ全体についての海外ファンのコメントを扱ったので、今度はたっぷりホンダ関連のコメントをまとめてみました。早速見てみましょう。



フェルスタッペンが表彰式でスーツに描かれたホンダのロゴを指さす

オランダと日本でのマーケティングのために良い写真が撮れたな、ホンダ。

マックス (※ フェルスタッペン) が表彰式でできる最良の行動だ。

明日はホンダの株価が2倍になるぞ。マックスが51%を取得するんだ。

奇妙なことに、今日のホンダ株は軟調なんだよな、ハハ。 (※ 月曜日の書き込み)

で、ルノーのファンがホンダを小馬鹿にしたのはたった1週間前のことだ。僕は笑わないといけない。良い写真だね。

その通り、奴らは本当に自惚れ屋だったな。今は僕が自惚れてるんだけどね!

このサーキットは通常のパワーサーキットとは少し違う。高速コーナーが多いからね。

レッドブルは明らかにコーナリングが速くて、直線への脱出速度も良かった。オーストリアのようなサーキットでは、脱出速度は最大出力と同じくらい直線速度に影響する。

優れた信頼性とパワー以外に今日のホンダが証明したものは何も無い。他社のPUとの相対関係は明らかではないよ。

優れた信頼性とパワー以外にホンダが証明すべきものってあるの?

(※ ルノーファンを挑発できるほど相対関係は明らかでないということを言いたかったそうです)

Redditor 1
誇りあるホンダの従業員として、賞賛するよ (いいや、僕はF1プロジェクトに関わってはいない。そして、僕の見方はホンダを代表するものではない)。

Honda fan 1
その気持ちが分かるよ。去年、日本でホンダの服を着た男に会った。彼はチームに関わってはいなかったけど、ホンダF1の全てに情熱的になっていることが簡単に見て取れたんだ。

Redditor 1
僕はそうではなかった。むしろ金の使い方に動揺していたんだ。我々の自動車開発にかかるコストへの監視のことを思うとね。

でも、今は成果を手にした。なぜミスター本田がレースに関わることにあれほど熱心だったのか分かるよ。僕と同僚たちはそれに倣うし、やる気を与えてもらった。

表彰台に上がったホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは、プレゼンターを務めたゲルハルト・ベルガーやジェンソン・バトンの担当エンジニアでもあった

Jenson Button
彼を誇りに思う。15年前、田辺さんは僕のエンジニアだったんだ! 彼がホンダを率いているのを見られるのは素晴らしいことだよ 👏

参照元:twitter https://twitter.com/JensonButton/status/1145473152203538432

少なくなった髪と、より多くのシャンパン。トレードの価値はあったと思う。

ホンダに感謝の声援を送るフェルスタッペンのファンに笑顔で応える山本雅史マネージングディレクターの写真

Honda rep in joy because of cheering Verstappen fans thanking Honda for their PU from r/formula1

“Honda bedankt” (Thank you Honda)と声援を送っている(らしい)オランダ人ファン


こういう感情が大好きだ。モータースポーツはこんなに美しくなれるんだな。

僕にこんな感情を呼び起こすスポーツは他にはないよ。ホンダのスタッフたちのことで本当に嬉しい(フェラーリファンとしてもね)。
モータースポーツは時に退屈だ。でも、それはサッカーや他のスポーツでもあることだ。こういうレースはそういうもの全てをチャラにしてくれるけどね!

面白い小話: もう午後8時だというのに、高速道路はオランダ人で一杯だ!

彼らは本当に賞賛してるんだよね。
僕がWTCCのポルトガルラウンドを観戦したとき、ホンダのファクトリーチームがポルトガル人ドライバーの操るマシンで優勝したんだ。あるところで多くの観衆が「ホンダ、ホンダ、ホンダ」とチャントし始めて、その時ホンダの代表たちの顔に浮かんだ感情と誇りはプライスレスだった。クールな瞬間だったよ。

ティアゴ・モンテイロね。

ホンダのオランダでの売り上げは急上昇するだろう……。

オランダでの売り上げはずっと酷い。良い効果があるかどうか興味深いな。

シビックType-Rのフェルスタッペン・エディションが発売されればあるいは。

課税後の価格はドノーマルのシビックType-Rで6万ユーロ。参考でWRXは8万ユーロ。
これらの車はオランダで売れてない、全く。2018年のホンダのオランダでの売り上げは1300台だ。

表彰台のホンダのスタッフがどれだけ嬉しそうにしているかを見るのは心が温まるね!

レッドブルはホンダのスタッフを送った。レッドブルのではなく。これは何かを物語っているよ。

マックス「パワーを失ってるよ、みんな」
エンジニア「フェイル3、フェイル03」

2周以内にボッタスを抜く…… 既にハミルトンとベッテルを抜いた後で

エンジニア「まだ続いてるぞ。エンジン11、最後までだ」
マックス「了解」

4周で先頭までの5秒差を縮めて追い付く…… (※ 実際には6周ほど)
そして、純粋なスピードと才能でオーバーテイクして優勝する

僕たちは今日、ホンダがチートのボーナスコードを解禁したのを見たんじゃないだろうか……。

ワサビモードを解禁したんだな。

VTECだよ。

デジャヴかな。

最後の30周をもう4回見直した。
まだ信じられない。今日はシューマッハの魔法を見たんだと思う。

数週間前のプラクティスで、ホーナー (※ レッドブルのチーム代表) は“サケ・タイム”と呼んでいたな。どのレースだったかは思い出せないけど、TV中継が定期的にチーム代表のことを扱っていて、その対象がホーナーだった時だ。

サケ・タイムはベストな表現だと思うよ、ハハ。

サケってリラックスして月や桜を眺めるためのものじゃないの?

分からない。ヒバチというレストランで口を開けた客に酒を撃ち込むのを見たことがある。
ウイスキーのようなものなんだと思う。ちびちびやってリラックスすることもできるし、レースに勝つために点火することもできるんだろう。

「いつもは静かなホンダの人が感情を表に出しているのを見るのは素晴らしいね」というタイトルのスレッドにて

“ホンダの人”は田辺豊治ってんだ。ホンダレーシングのテクニカル・ディレクターだよ。 🙂

ああ、彼がレッドブルの人と一緒に表彰台に登ったのは素晴らしいよな。

“レッドブルの人”はマックス・フェルスタッペンってんだ。レッドブル・レーシングのファースト・ドライバーだよ。 🙂

レッドブルに他のドライバーがいるだって!?

ファースト・ドライバー 唯一のドライバー

修正しておいた。

彼がチームスタッフ用の表彰台の位置に登らなかったのは可愛らしいね。降りたままでいるなんて新鮮だ!
シャンパンを楽しんだようで良かった。

トヨハルって発音してみると凄く良い感じだな。トヨハル。僕が日本人だったらトヨハルって呼ばれたいよ。クールな名前だね。

Redditor 2
“次のレースでドカンといってやるぜモード”なのかな。

その価値はあった。

気にもしてないでしょ。今週の彼らには大きなチャンスがあった。それにホームグランプリだ。次のレースでエンジンが爆発してメルセデスのワンツーが戻ってきたって、一体誰が気にするんだ?

Redditor 2
僕も同じ事をしていたと思うよ、本当に。

エンジンはガスリーに渡しとこう。誰も気にしない。

田辺さんはトロロッソに対しても去年のPU開発への貢献に感謝するコメントを発表している

「去年の4位入賞ありがとうピエール (※ ガスリー) 。ただし今年のピエールは除く」

現時点でピエールはレッドブルよりトロロッソの方で最高順位を残していることを考えると奇妙すぎる。

「僕たちは戦える」

神様、本当にそうしてください。

去年の開発に貢献してくれたブレンドン・ハートレーにもありがとう。🙏

🙏 ブレンドンのキャリアは犠牲になったのだ。

“F1”キャリアね。彼は引く手数多のスポーツカードライバーの一人だよ。

グフッ、マクラーレン。

マクラーレンはホンダを下ろすまで自身のシャシーがどれだけ悪いか分からなかっただろう。下ろす必要があったんだ。

2016年のシャシーはとても良かった。
彼らにとっての失敗は、ホンダがすぐに競争力のあるエンジンを作れることを当然のことと思っていた尊大さだった。ホンダが2016年から参戦したがっていた一方で、マクラーレンは2015年からの参戦を強いていたんじゃなかったっけ?

その通り。ホンダはもっと時間を欲しがっていたけど、マクラーレンはメルセデスとの契約を止めたかった。彼らのオイルがメルセデスのエンジンには合わなかったから。

そして、2015年と2016年のホンダは間違った方向に進んでしまったから、ホンダとマクラーレンの関係を終わらせることになるエンジンデザインの変更を2017年にしなければならなかった。 (※ 後略)

今年の鈴鹿のグランプリでマックスさんとホンダが勝つのを見るのを待ちきれない。

なんてことだ、日本グランプリのことを完全に忘れていた。絶対に凄いことになるぞ!

僕は去年そこにいたけど、既にトロロッソのことでクレイジーなことになっていた。今年はどうなるか想像も付かない。とんでもないことになりそうだ!

ワオ。日本のファンは色々なことを愛しているけど、ホンダが勝つことができたら大量のファンを運んでくるだろうな!
レッドブルがオランダでしたように、熱狂的なファンを運んでこられるといいね。


再参戦してからのホンダは外から見ていても本当に苦労の連続で、当事者であるスタッフの皆さんは本当に辛かったと思います。そういったことを乗り越えての優勝、そして喜びの表情に感じるものがあるのはF1ファンなら万国共通ですね(熱狂的アレな方を除く)。
このレースのライバルだったフェラーリのファンを自認する人たちからも賞賛の書き込みがたくさんありました。
嘲笑に耐えて応援してきたホンダファンの方なら、まだしばらくは喜びに浸っていても罰は当たらないと思います。

お読みいただきありがとうございました。

参照元:Reddit https://redd.it/c7flte/ https://redd.it/c7kpup/ https://redd.it/c7jxc5/ https://redd.it/c7fwo2/ https://redd.it/c7i6um/

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    15 コメント

    1. フェラーリの首脳陣も直近の審議結果などもあって主張したいことは様々あったとは思いますが、今回はF1の将来のためにもあえて抗議しませんでしたね。潔いと思いました。

      • もちろんスペースを潰してウォールにヒットさせてクラッシュとかだとペナルティもやむなしだろうけど、今回のは舗装路のエスケープゾーンもあるし張り合ってサイドバイサイドにしてくる相手に無理して減速してスペースを作ってあげなくてもそこまで悪質でもないとは思うけども。

      • 言うても当たったのルクレールが引かんかったせいであって、フェルスタッペンが当てに行ったわけじゃないのは一目瞭然
        あの程度はバトルのうちだわ

      • 遠心力というものがあるのにあそこでスペース作るのは無理だろ。
        そもそもイン側に優先権があるのにアウトから強引に被せたらああなるわな。
        ルクレールは一度引いてタッペンの背後についてインを刺すべきだった

    2. 早速の翻訳まとめ、ありがとうございます!何回も読ませていただきました!

      やっぱり、海外ファンも一緒に世界各地からの祝福ムードが伝わってくると何倍も嬉しくなりますね。

      今年は頑張って鈴鹿行こうかなー。

    3. ワサビモードには笑ったw
      耐久落とすから乱用できないモードなんだろうけどチームの地元だもんね。となると次は日本GPまでお預けだろうか。

    4. 勝てたのは高温のおかげなんて声もあるけど、これからますます暑くなるんだよ。楽しみでしかない。
      それに、オーバーヒートに苦しんだのはホンダも同様。上位のリタイアによる棚ぼた勝利ではない。

      次戦以降も苦しい展開は続くだろうけど、そうでなきゃ観てる方も楽しくない。
      全チーム総力振り絞って最後まで誰が勝つか分からない展開を期待してる。

      • 熱もそうだろうけど、高地の条件下との相乗効果が大きな要因かも。
        メルセデスが対策を進めなければ、メキシコでもレッドブルはいい戦いができるような気がする。

        • 空気が薄いと冷却面でも悪影響があるからね。
          メルセデスは必死で解決策を探しているみたいだけどボディ形状を変えないと駄目らしいので今シーズンは耐え忍ぶしか無いかも。

    5. 皆さんコメントありがとうございます。
      たくさんの方に注目していただけたようで良かったです。

      最後のオーバーテイクの映像を見たときは、フェルスタッペンをどう擁護できるかで困ってしまいました。
      しかし、最近は追い越されそうなドライバーがあえて押し出されに行ってペナルティーを誘う傾向があるという話を聞いて、ハッとしました。

      個人的には、インシデントが発生する度に状況を整理して、過去の判例を見て、と裁判のようになってしまうのは大げさすぎると思います。
      気楽に理想を言えば、もう少し機械的に判断できるようなルール作りをして、レース中の有利不利はレース中にリセットできると良いのですが。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前