ドイツのホッケンハイム・リンクで開催された2019年のF1第11戦ドイツGP、優勝したのはレッドブル・ホンダのフェルスタッペンでした。

レースは雨が降ったり止んだり、ドライタイヤもレインタイヤも合わない中途半端なコンディションでした。
特に最終コーナーとその一つ手前、コースがコの字型をした部分ではコースアウトするマシンが続出しました。そのさらに外側にはドラッグレース用の舗装があり、これに雨が乗ると氷のように滑るため、コースアウトしたマシンはそのまま滑って壁にぶつかり、リタイアを余儀なくされたのでした。

三強チームでも6台の内3台がリタイヤ、1台が下位に沈みました。残る2台を操るフェルスタッペンとベッテルは大きなミスをせず、1位と2位でゴール。空いた3位にはトロロッソ・ホンダのクビアトが滑り込み、ホンダPU勢が1-3を決めました。

詳しいレース内容の振り返りは他に譲って、この記事では海外のF1ファンのレース全体に対する反応を追っていきます。




公式レースハイライト動画はこちら


レース結果

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム差 ポイント
1 フェルスタッペン レッドブル 64 1:44:31.275 26
2 ベッテル フェラーリ 64 +7.333s 18
3 クビアト トロロッソ 64 +8.305s 15
4 ストロール レーシングポイント 64 +8.966s 12
5 サインツ マクラーレン 64 +9.583s 10
6 アルボン トロロッソ 64 +10.052s 8
7 グロージャン ハース 64 +16.838s 6
8 マグヌッセン ハース 64 +18.765s 4
9 ハミルトン メルセデス 64 +19.667s 2
10 クビサ ウィリアムズ 64 +24.987s 1
11 ラッセル ウィリアムズ 64 +26.404s 0
12 ライコネン アルファロメオ 64 +42.214s 0
13 ジョビナッツィ アルファロメオ 64 +43.849s 0
14 ガスリー レッドブル 61 DNF 0
NC ボッタス メルセデス 56 DNF 0
NC ヒュルケンベルグ ルノー 39 DNF 0
NC ルクレール フェラーリ 27 DNF 0
NC ノリス マクラーレン 25 DNF 0
NC リカルド ルノー 13 DNF 0
NC ペレス レーシングポイント 1 DNF 0

アルファロメオの2台は7位と8位で完走しましたが、スタート時に禁止されたドライバーへの補助(報道によれば駆動輪の空転を防止するトルクコントロール)を行ったとして、レース後にそれぞれ30秒のタイムペナルティを受けています。


このレースの上位5人を予想できた奴は間違いなくアホだな。

賭けていれば金持ちのアホだ。

直近の3レース (※ のような面白いレース) を見るために僕たちは何をしたんだろう?

フランスGPをじっと座って見続けていたよ。

(※ 今年のフランスGPはほとんどの場面で上位5台が互いに離れていくだけという、退屈極まる展開でした)

間違いない。

F1が良いときは、本当に良い。F1はポテンシャルで一杯だ。

上限は物凄く高いし、下限は物凄く低い。

トロロッソは2008年以来、2回目の表彰台。

ミナルディ時代を含めれば、34年間で2回目だ。

1回目はベッテルで、彼はその後レッドブルで4年連続チャンピオンになった。

今度はクビアトが表彰台に立った。来年レッドブルに行く = 4年連続チャンピオン?

うーーーーむ。

お願いします。

もう二度とトト (※ ウォルフ。メルセデスF1のCEO) が雨に感謝することはないだろうなあ。

♪ It’s gonna take a drag strip to take the win awaaaay from you

♪ There’s nothing that a thousand HP or more could ever do

♪ I curse the rains

♪ down in HOOOOOOCKENHEIIIIIIM

(※ ♪ 優勝を君から引き離すためにドラッグレースのコースがある
♪ 1000馬力以上あっても何もできない
♪ 僕はホッケンハイムに降る雨を呪う

元ネタはトトつながりでロックバンドTotoのヒット曲「アフリカ」のサビ。動画はこちら。

元の歌詞は
It’s gonna take a lot to drag me away from you
There’s nothing that a hundred men or more could ever do
I bless the rains down in Africa)


最高のショーを見たんだと思う。
ありがとうホッケンハイム、スタジアムセクション、それからドイツの雨の神様!

このサーキットがF1の開催地から外れるなんて考えられない。

お金だよ、残念ながら。

今年のドイツGPはネタになるよ、ハハ。メルセデスがノーポイントなんて信じられない。 (※ レース後、アルファロメオがペナルティで降格したため、ハミルトンが2ポイントを獲得しています)

このグランプリが“彼らのレース”になるはずだったことからすると特にね。ドイツはホームレースだし、メルセデスのモータースポーツ125周年だった。

特別な衣装も着ていたしね。

メルセデスは良い奴らだ。Netflixの番組 (※ “Formula 1: 栄光のグランプリ”) のためにレースで無茶苦茶やってくれた。

ガスリーがレッドブルで表彰台に乗る前に、クビアトがトロロッソで乗っちゃったなあ。

(※ トロロッソはレッドブルのBチームで、クビアトは過去にレッドブルから降ろされています)

あなたその言い方……、ファーッ○。

ガスリーがアルボンにぶつかってしまって残念だ。彼らは今年トロロッソでチームメイトになるのに。

いつもガスリーを擁護してきたけど、クビアトがトロロッソで表彰台を獲得したことで二人を入れ替えない理由が完全に無くなってしまった。

ガスリーはこれまでも恥ずかしい週末を送ってきたけど、今回はそれ以上だ。これはただ、正直言って、痛ましい。

マシンに何の問題も無くチームメイトに周回遅れにされたのは最悪だった。

違う。レッドブルに乗りながらファッキン・トロロッソに何回も抜かれて、競争力が無いためにクラッシュしてリタイアしたのが最悪だったんだ。

スタートで大失敗するフェルスタッペン = 優勝

ハードモードで遊んでるんだよね。

これからのF1に雨は必須だな!

スプリンクラーを持てい!

いや、ドッキリ水爆撃だ!

水鉄砲を撃つ謎の男たちもね。

バクー (※ アゼルバイジャンGPの市街地コース) にたけし城セクションを。

これだ。

エクレストンは正しかった?

(※ バーニー・エクレストンは長くF1の実質的トップを務めた人物。レースを面白くするためにコース脇にスプリンクラーを設置する案を出し、荒唐無稽と批判されました)

彼は何がF1にとって良いことなのか、最初から分かっていたんだな。

レース・オブ・ザ・イヤー。

ここまでのね。

この勢いなら、シンガポールはハースのワンツーだ。

Haas fan
許可する。

パルクフェルメの1位と2位のマークの上でタイヤをぶつける2台。

斜めに止めるマグヌッセン。

ここ10年で最高のレースだ。


凄いレースでしたね。海外のファンからもこういうレースならいくらでも大歓迎というコメントが多くありました。
何から話していいのかも分からないので、語りは短めにします。

一記事に収まらないので、ホンダ関連の反応は別記事を立てられればと思います。お読みいただきありがとうございます。

参照元:Reddit https://redd.it/ciwv0l/

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    9 コメント

    1. 運の要素は大きかったけど、ピットストップ作業の差とか、ベッテルの猛追とか各チームの実力もよく出ていたよ。メルセデス?慢心ですかね……

    返信する

    コメントを入力してください
    名前