2019年のF1第12戦ハンガリーGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。

グラフの凡例をクリックするとドライバー毎に表示・非表示を切り替えられます。設定欄でもグラフの表示を調整できます。
PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。




公式レースハイライト動画はこちら


決勝 結果

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム差 ポイント
1 ハミルトン メルセデス 70 1:35:03.796 25
2 フェルスタッペン レッドブル 70 +17.796s 19
3 ベッテル フェラーリ 70 +61.433s 15
4 ルクレール フェラーリ 70 +65.250s 12
5 サインツ マクラーレン 69 +1 lap 10
6 ガスリー レッドブル 69 +1 lap 8
7 ライコネン アルファロメオ 69 +1 lap 6
8 ボッタス メルセデス 69 +1 lap 4
9 ノリス マクラーレン 69 +1 lap 2
10 アルボン トロロッソ 69 +1 lap 1
11 ペレス レーシングポイント 69 +1 lap 0
12 ヒュルケンベルグ ルノー 69 +1 lap 0
13 マグヌッセン ハース 69 +1 lap 0
14 リカルド ルノー 69 +1 lap 0
15 クビアト トロロッソ 68 +2 laps 0
16 ラッセル ウィリアムズ 68 +2 laps 0
17 ストロール レーシングポイント 68 +2 laps 0
18 ジョビナッツィ アルファロメオ 68 +2 laps 0
19 クビサ ウィリアムズ 67 +3 laps 0
NC グロージャン ハース 49 DNF 0



ドライバー総合順位

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ハミルトン メルセデス 250
2 ボッタス メルセデス 188
3 フェルスタッペン レッドブル 181
4 ベッテル フェラーリ 156
5 ルクレール フェラーリ 132
6 ガスリー レッドブル 63
7 サインツ マクラーレン 58
8 ライコネン アルファロメオ 31
9 クビアト トロロッソ 27
10 ノリス マクラーレン 24
11 リカルド ルノー 22
12 ストロール レーシングポイント 18
13 マグヌッセン ハース 18
14 ヒュルケンベルグ ルノー 17
15 アルボン トロロッソ 16
16 ペレス レーシングポイント 13
17 グロージャン ハース 8
18 ジョビナッツィ アルファロメオ 1
19 クビサ ウィリアムズ 1
20 ラッセル ウィリアムズ 0



コンストラクター総合順位

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 438
2 フェラーリ 288
3 レッドブル 244
4 マクラーレン 82
5 トロロッソ 43
6 ルノー 39
7 アルファロメオ 32
8 レーシングポイント 31
9 ハース 26
10 ウィリアムズ 1




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ



タイム差グラフの基準は、主にレースをリードしたドライバーのラップタイムで、今回はフェルスタッペンです。ただし、そのイン/アウトラップはその周回の最速ラップタイムで代替しています(SC中などは都度調整)。

タイム差グラフの縦軸の説明が「ラップタイム」となっていますが、正しくは「タイム差」です。いずれ修正したいと思います。




第1スティントのハミルトンとフェルスタッペンの距離感を見ると、完全にコントロールしていますね。
ハミルトンは先頭まで1秒というところから2ストップに切り替えましたが、結果を見ると1ストップのままでもいずれフェルスタッペンは耐えられなくなっていました。一か八かの大胆な作戦と言うよりは、それだけ大振りになれる余裕があったと言えそうです。

フェルスタッペンはハードタイヤに履き替えてから38周で崖が来ています。同じタイヤを履いた他のドライバーにこれだけ早く崖が来た者はいません。フェルスタッペンは相当なオーバーペースで走っていたことになります。やはり、メルセデスとレッドブルの差は印象以上に大きかったようです。

フェラーリは打つ手無しでした。直線が得意な今年のマシンはハンガロリンクに合わないとは言え、ちょっと負けすぎました。レース後のインタビューでもマシントラブルがあったとは語られていません。

中段勢では、相変わらず強いマクラーレンにアルファロメオのライコネンが食い下がりました。ジョビナッツィとの差が物凄いことになっています。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    4 コメント

    1. メルセデス・ハミルトンにミスもなく、完全な実力勝負の下、完敗でしたね。
      レッドブル・マックスはあれ以上のことはできなかったと思います。
      2位でも快挙なんですけどね。つい数か月前は表彰台すら厳しいかと思ってたのに。

      前半戦ポイントランキングを見るとライコネン頑張ってますね。
      なんとチームメイトの31倍のポイント!ライコネンファンとしては結構嬉しい。
      (ジョビナッツィ、もう少し頑張れ)

      そういう意味ではガスリーももう少し頑張れ。
      マックスの6割でもポイント取ってくれてたら既にコンストラクターズランキング2位なんだから・・・。
      後半戦の巻き返しに期待です。

      そして、ホンダの方々はも久々に楽しい夏休みになるのでは。
      希望があるだけに、のんびり休むことなんてできないかもしれませんが。

      何はともあれ、今年のF1は久々に楽しい!皆さま、前半戦お疲れ様でした。

    2. 更新お疲れさまです。

      フェルスタッペンは残念ながら二位となってしまいましたが、長く激しいバトルが見られたのでF1ファンとしてとても楽しいレースでした。
      しかしホンダのファンとしては残念なレースでもあったので、夏休み後のPUと燃料アップデートに期待してます。

    3. リカルドよ、貴方は後悔すべきだ。
      レッドブルに残留していればもっとエキサイティングなレースが増えただろうに。
      個人として後悔してないのはもしかしたら本当かもしれないが、貴方のせいでF1の楽しさが減っているぞ。

    4. 皆さんコメントありがとうございます。
      先の読めないレースがこんなにF1で見られるとは、今シーズン序盤の流れからすると出来過ぎなほどですね。
      今回の結果は、シャシーがPUを補って……などとは言ってられないメルセデスの強さが示されたような気がします。ホンダのスペック4のPUにもメルセデスに対抗できる強さが求められているんですね。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前