2019年のF1第13戦ベルギーGP・フリープラクティス2(FP2)のデータをグラフ化してご紹介します。

グラフの凡例をクリックすると、ドライバー毎に表示・非表示を切り替えられます。設定欄からも表示を調整できるようになっています。

PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。




公式ハイライト動画はこちら


FP2 結果

順位 ドライバー チーム タイム タイム差 タイヤ 周回数
1 ルクレール フェラーリ 1:44.123 S 28
2 ベッテル フェラーリ 1:44.753 +0.630s S 30
3 ボッタス メルセデス 1:44.969 +0.846s S 28
4 ハミルトン メルセデス 1:45.015 +0.892s S 26
5 ペレス レーシングポイント 1:45.117 +0.994s S 25
6 フェルスタッペン レッドブル 1:45.394 +1.271s M 20
7 ライコネン アルファロメオ 1:45.708 +1.585s S 25
8 ストロール レーシングポイント 1:45.732 +1.609s S 21
9 リカルド ルノー 1:45.735 +1.612s S 26
10 アルボン レッドブル 1:45.771 +1.648s S 21
11 サインツ マクラーレン 1:45.999 +1.876s S 28
12 グロージャン ハース 1:46.120 +1.997s S 21
13 ヒュルケンベルグ ルノー 1:46.209 +2.086s S 26
14 クビアト トロロッソ 1:46.214 +2.091s S 24
15 ノリス マクラーレン 1:46.258 +2.135s S 29
16 ジョビナッツィ アルファロメオ 1:46.328 +2.205s S 24
17 ガスリー トロロッソ 1:46.374 +2.251s S 28
18 マグヌッセン ハース 1:46.399 +2.276s S 21
19 ラッセル ウィリアムズ 1:47.887 +3.764s S 30
20 クビサ ウィリアムズ 1:48.331 +4.208s S 32



各チームの持ち込みタイヤ数




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ




長いようで短いF1の夏休みが終わり、後半戦が始まりました。

ベルギーGPには全PUメーカーが新型のPUを投入しています。三強チームの中では、フェラーリの2台とレッドブルのフェルスタッペンは新型PUを使用していません。

メルセデスは一発、ロングラン共にそつなくまとめています。ソフトタイヤのロングランでペースが落ちないところが余力を感じさせます。
ただ、レーシングポイントがFP2で火を吹くなど、新型PUが初動でバタバタしているのが不安要素です。

フェラーリは圧倒的な一発の速さが目立ちます。しかし、ロングランではそれほどでもありません。決勝を走ってみるまで安心はできなそうです。

フェラーリとは逆に、レッドブルのフェルスタッペンは少ない周回数ながらロングランで速さを見せています。
アルボンのタイムは全体的に振るわず、まだ習熟の段階のようです。

中段勢では、スパを得意としているレーシングポイントが抜け出しています。ペレスは旧型のPUに積み替えるようですが、完走さえできれば良いところに行けそうです。

参照元:fia.com https://bit.ly/2F4QRAK

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前