2019年のF1第15戦シンガポールGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。

グラフの凡例をクリックするとドライバー毎に表示・非表示を切り替えられます。設定欄でもグラフの表示を調整できます。
PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。




公式レースハイライト動画はこちら


決勝 結果

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム差 ポイント
1 ベッテル フェラーリ 61 1:58:33.667 25
2 ルクレール フェラーリ 61 +2.641s 18
3 フェルスタッペン レッドブル 61 +3.821s 15
4 ハミルトン メルセデス 61 +4.608s 12
5 ボッタス メルセデス 61 +6.119s 10
6 アルボン レッドブル 61 +11.663s 8
7 ノリス マクラーレン 61 +14.769s 6
8 ガスリー トロロッソ 61 +15.547s 4
9 ヒュルケンベルグ ルノー 61 +16.718s 2
10 ジョビナッツィ アルファロメオ 61 +27.855s 1
11 グロージャン ハース 61 +35.436s 0
12 サインツ マクラーレン 61 +35.974s 0
13 ストロール レーシングポイント 61 +36.419s 0
14 リカルド ルノー 61 +37.660s 0
15 クビアト トロロッソ 61 +38.178s 0
16 クビサ ウィリアムズ 61 +47.024s 0
17 マグヌッセン ハース 61 +86.522s 0
NC ライコネン アルファロメオ 49 DNF 0
NC ペレス レーシングポイント 42 DNF 0
NC ラッセル ウィリアムズ 34 DNF 0



ドライバー総合順位

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ハミルトン メルセデス 296
2 ボッタス メルセデス 231
3 ルクレール フェラーリ 200
4 フェルスタッペン レッドブル 200
5 ベッテル フェラーリ 194
6 ガスリー トロロッソ 69
7 サインツ マクラーレン 58
8 アルボン レッドブル 42
9 リカルド ルノー 34
10 クビアト トロロッソ 33
11 ヒュルケンベルグ ルノー 33
12 ノリス マクラーレン 31
13 ライコネン アルファロメオ 31
14 ペレス レーシングポイント 27
15 ストロール レーシングポイント 19
16 マグヌッセン ハース 18
17 グロージャン ハース 8
18 ジョビナッツィ アルファロメオ 4
19 クビサ ウィリアムズ 1
20 ラッセル ウィリアムズ 0



コンストラクター総合順位

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 527
2 フェラーリ 394
3 レッドブル 289
4 マクラーレン 89
5 ルノー 67
6 トロロッソ 55
7 レーシングポイント 46
8 アルファロメオ 35
9 ハース 26
10 ウィリアムズ 1




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ


タイム差グラフの基準は、主にレースをリードしたドライバーのラップタイムです。ただし、そのイン/アウトラップはその周回の最速ラップタイムで代替しています(SC中などは都度調整)。

タイム差グラフの縦軸の説明が「ラップタイム」となっていますが、正しくは「タイム差」です。いずれ修正したいと思います。




今戦は荒れたレースのように見えて展開は淡々としているという、知った風なコメントを付けるのが難しいレースでした。ひとまずデータを更新します。
シンプルに言うと、フェラーリ覚醒、ガスリー覚醒でしょうか。

参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    3 コメント

    1. ガスリーとルクレールは友人の死をきっかけに精神的に何か変わったのかもね
      ガスリーはホーナーが落ち込む彼にかけた言葉が効いたのかな
      単純にトロロッソのマシンがガスリーに合ってるだけかもしれんけど

    2. 不思議なレースでしたね。私にとっては久々につまらないレースでした。
      タイヤマネジメントが非常に重要な現代F1とは言え、ここまで遅いペースを見せられるとは思いませんでした。

      あれだけ遅くてもオーバーテイクが難しいコースということなのか、オーバーテイクできたとしてもタイヤマネジメントやピットストップで戦略負けしてしまうということなのかもしれませんが、全員がプッシュしてないレースなど観たくないというのが本音です。

      ただ、フェラーリが一気にマシン性能でトップに躍り出たのは2019年のF1全体で見ると非常に面白い展開ですね。コンストラクターズタイトル争いにまで発展する可能性はありそうです。
      ドライバー的にはハミルトンぶっちぎりでほとんど期待できませんが、2戦ぐらいお休みしてくれれば、ルクレールやマックスの最年少ワールドチャンピオンを賭けて三つ巴の大混戦になったりすると最高ですね。

      ガスリーは・・・よほどトロロッソが合ってるのか、中団走るのが得意なのか。彼のパフォーマンスは読めませんね。

    3. 皆さんコメントありがとうございます。
      抜けないコースで温存合戦が始まるとこういうレースになってしまうのですね。中段勢を引き離さなかったことでますます戦略の幅が狭まりました。

      フェラーリは驚きでした。フェラーリ自体は確かにシンガポールは速い方ですが、今年のマシン特性の流れでここを勝つとは予想しにくいですね。

      ガスリーの復調については、個人的にはレッドブルのマシンが合わなかったことも大きいのかなあという気がします。そもそものきっかけになった冬テストのクラッシュも、何でもない状況での出来事だったのが解せないのですよね。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前