グラフの凡例をクリックするとドライバー毎に表示・非表示を切り替えられます。設定欄でもグラフの表示を調整できます。
PCやタブレット等のある程度大きな画面で見ることを前提としています。
表示が破綻するようなバグ等がありましたら、お知らせください。




公式レースハイライト動画はこちら


決勝 結果

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム差 ポイント
1 ボッタス メルセデス 71 1:30:55.739 25
2 ルクレール フェラーリ 71 +2.700s 18
3 ノリス マクラーレン 71 +5.491s 16
4 ハミルトン メルセデス 71 +5.689s 12
5 サインツ マクラーレン 71 +8.903s 10
6 ペレス レーシングポイント 71 +15.092s 8
7 ガスリー アルファタウリ 71 +16.682s 6
8 オコン ルノー 71 +17.456s 4
9 ジョビナッツィ アルファロメオ 71 +21.146s 2
10 ベッテル フェラーリ 71 +24.545s 1
11 ラティフィ ウィリアムズ 71 +31.650s 0
12 クビアト アルファタウリ 67 DNF 0
13 アルボン レッドブル 67 DNF 0
NC ライコネン アルファロメオ 53 DNF 0
NC ラッセル ウィリアムズ 49 DNF 0
NC グロージャン ハース 49 DNF 0
NC マグヌッセン ハース 24 DNF 0
NC ストロール レーシングポイント 20 DNF 0
NC リカルド ルノー 17 DNF 0
NC フェルスタッペン レッドブル 11 DNF 0



ドライバー総合順位

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ボッタス メルセデス 25
2 ルクレール フェラーリ 18
3 ノリス マクラーレン 16
4 ハミルトン メルセデス 12
5 サインツ マクラーレン 10
6 ペレス レーシングポイント 8
7 ガスリー アルファタウリ 6
8 オコン ルノー 4
9 ジョビナッツィ アルファロメオ 2
10 ベッテル フェラーリ 1
11 ラティフィ ウィリアムズ 0
12 クビアト アルファタウリ 0
13 アルボン レッドブル 0



コンストラクター総合順位

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 37
2 マクラーレン 26
3 フェラーリ 19
4 レーシングポイント 8
5 アルファタウリ 6
6 ルノー 4
7 アルファロメオ 2
8 ウィリアムズ 0
9 レッドブル 0




グラフの拡大表示

全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
X軸の単位切替
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
全要素
初期位置
ズーム
エリア移動
Y軸の全体表示
軸反転
in/out-lapの表示
点の強調選択
点情報の切替
タッチ操作
暗い背景色
線の太さ
点の太さ
破線の間隔
ぼかし表示の濃さ


タイム差グラフの基準は、主にレースをリードしたドライバーのラップタイムです。ただし、そのイン/アウトラップはその周回の最速ラップタイムで代替しています(SC中などは都度調整)。



レースは26~30周目、52~54周目、55~60周目にセーフティーカーが出ました。

開幕戦らしいドタバタのレースが終わりました。

メルセデスのライバル探しという意味では、レッドブルのフェルスタッペンのレースペースをもう少し見てみたかったのですが、叶いませんでした。
アルボンはSC中のタイヤ交換で優勝を掴みかけましたが、正攻法では苦しかったと思います。

フェラーリは深刻ですね。昨年の燃料疑惑からの悪い流れを引きずってしまいました。

昨年までで言うところの「中段勢」からは、マクラーレンが久々の表彰台を獲得、レーシングポイントも下馬評通りの速さでした。ペレスがミディアムタイヤで最後まで引っ張ることをしていなければ、やはり表彰台に届く勢いでした。

ここまでで5チーム10台を占めますから、残りのチームがポイントを積み上げていくのは昨シーズン以上に難しくなりそうです。

波乱の展開にもかかわらず、基本的にはまたしてもメルセデス強しの開幕戦と言えます。ライバル出現を期待するファンからすると、そのメルセデスもマシンに問題を抱えていたという点に希望を託したいところでしょうか。


参照元:fia.com https://goo.gl/P83nxB

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    2 コメント

    1. お久しぶりです。
      ようやくF1開幕しましたね。
      ホンダ勢は残念ながら三台リタイアしてしまいましたが、ガスリーが孤軍奮闘しなんとかポイント獲得。
      アルファタウリとしては悪くないスタートだったんじゃないかと思います。

      レッドブルリンクでの第二戦ではホンダ勢はパワーを上げてきたらしいので、少し期待が持てますね。
      フェルスタッペンかアルボンに優勝してもらって、メルセデス1強状況をなんとか変えてほしいものです。

      • コメントありがとうございます。
        コロナ絡みで例年通りのアップデートが難しい状況でのこの結果は、レッドブル・ホンダ両陣営にとって苦しいことになった感じがします。
        中段勢ではレーシングポイントとマクラーレンが抜け出したので、アルファタウリも楽ではないですね。今回はレッドブルが失った点をアルファタウリが少しだけ回収したかたちでしょうか。
        今年こそ先の読めないチャンピオン争いをと思っていた身としては、う~んと唸ってしまうばかりです。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前