若くして2度のF1ドライバーチャンピオンに輝き、あと何回チャンピオンになれるのかと期待されたフェルナンド・アロンソ。しかし、その後はなかなかチャンピオンに手が届かないまま引退の時が近づいてきています。

その遠因と噂されるのが彼の立ち居振舞い。他のチームとの争いだけでなく、1チームに2人いるドライバー同士での争いでも優位に立とうとするあまり、敵味方を問わず発言が攻撃的になる傾向があったのでした。

アロンソは去年までの3年間、マクラーレン・ホンダでドライバーを務めましたが、その時は性能不足のパワーユニットしか用意できなかったホンダに矛先が向かいました。ホンダにプレッシャーを掛ける意味でシーズン前に「今年は勝てる」、シーズン中には「ホンダでなければ勝てる」と発言するのがお決まりになっていたアロンソ。新たにマクラーレン・ルノーとなった今年も同様の発言をしていますが、海外の人たちはどのように反応したのでしょうか。





■2018年には勝利をつかめる
そのアロンソは今季F1だけでなくル・マン24時間レースを擁するWEC(世界耐久選手権)にも全レース出走する予定になっている。
中には5週連続でレースに出ることになるなど、かなり過酷なスケジュールに対応していく必要があるアロンソだが、それでも2018年には表彰台の中央に立つ自信があると主張している。
F1でも優勝することができると思うかと尋ねられたアロンソは次のように答えた。
「分からないよ。様子を見ていこう」
「だけど、僕は今年は勝ちにいくと言ったし、そうするつもりだよ」
引用元:Yahoo!Japanニュース https://goo.gl/UhjPNo

F1で勝つとは言ってないな。

アロンソは自分が何を言ってるか(そして言っていないか)分かってるよな XD

ルマンのHype Trainがフルスピードだな。

Hype Trainとは、特にビデオゲーム、映画、テレビシリーズなどにおいて、有名メディアとの契約や新プロジェクトの発表を取り巻く高いレベルの期待を表すために使われるスラングである。
参照元 - Know Your Meme https://goo.gl/n5VKeh

トリプルクラウンに一直線だぜベイビーー!

世界三大レース(せかいさんだいレース、Triple Crown of Motorsport)とは、モナコグランプリ、インディ500、ル・マン24時間レースという3つの自動車レースに対する伝統的な呼称である。
引用元 - Wikipedia

アロンソはチャンピオンになるよ。



彼のカートコースでね。

シャンドン吹きそうになったわ。

↑このコメントはもっと評価されるべき。

俺は今年マジでマクラーレンに表彰台に上ってほしいよ。俺が見たいものリストのトップにあることだ。彼らにはその資格がある。

僕もだ。フェラーリファンとしてさえも、マクラーレンに競争力があった頃が懐かしい。

彼について簡単に言えることは


・F1で最も古く尊敬されるプライベーターのマシンに乗る
・同じ年にWEC(FIA 世界耐久選手権)に出場する
・世界中を回る
・これらをやりながら給料をもらう


これが勝利でないなら、僕は少し割り切った人生のゴールを迎えられそうだ。

マクラーレンが性能について語るときは、いつもレッドブルを引き合いに出す。まったく、それが部分的にでも真実ならどれだけ良いか。


しかし悲しいことに、僕は現実的な比較対象はルノーだと思ってるんだ。

賛成だね。もしルノーが2つのカスタマー(注:レッドブルとマクラーレン)に負けることになったらまずいと言わなければならない。

2018年のマシンなら何の驚きもない。2019年ならそうだ。

ルノーが抜群のシャシーを作れない限り、そうなると思う。

今年誰と契約してるか忘れた?

トヨタでならね。


アロンソとマクラーレンは自分に言い聞かせているだけだ。彼らはレッドブルより優れたシャシーを作らないし、メルセデスやフェラーリより優れたエンジンを持つこともない。今やマクラーレンはトップ3(注:メルセデス、フェラーリ、レッドブル)より資金が少ないのに、勝つためにはそれら全てを倒さないといけない。僕にはそれが起こるようには見えない。


表彰台とシーズン4位ならあると思うよ。

僕はみんながマクラーレンを過小評価してると思う。マクラーレンの評判はホンダに粉砕されてしまったけど、シャシーの作り方は知ってるよ。

2015年からのマクラーレン・ホンダ時代の前から、素晴らしい結果とは程遠かった。でも僕が聞いたところでは、メルセデスエンジンに使われたオイルが原因の可能性がある。


一方で、2013年は言い訳のしようがないね。

奴らはフロアを作ることもできない!

マクラーレンの去年のシャシーは凄く良かったよ。

アロンソが次にレースで優勝することがあったら、俺は恥じらいもなく泣くね。

その栄光の日には俺ら全員が泣くよ。


マクラーレンはホンダと別れた後、自分たちの能力を過剰なほどアピールしてきたわけですが、海外にも飛ばしすぎだと見ている人が少なからずいるようです。


ホンダとは色々あったアロンソですが、実際苦労をしているわけですから優勝したときには盛り上がるでしょうね。F1以外に参戦するWECでは、トヨタの頑張りとレギュレーション次第で優勝する可能性は十分あると思いますが、果たして。
記事をお読みいただき、ありがとうございました。

参照元:reddit https://goo.gl/GSgrVx

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事

  • RSS 外部ニュースサイトの新着記事



  • コメントIDは日替わりです。

    返信する

    コメントを入力してください
    名前