F1

F1のニュースや話題にまつわる、主に海外からの情報をご紹介します。

【F1海外反応】「見落とした」マクラーレン・ホンダ関連の処分セールでファンが痛いミス

何週間か前から、マクラーレンの公式ストアでマクラーレン・ホンダ関連商品の処分セールが始まりました。しかし、そこは公式とは言えネットショップ、罠にはまってしまったファンが報告に訪れていました。

【F1海外反応】ホンダPUの排気管に仮設のアーム? 振動問題を疑う層への新たなネタに

ホンダの再参戦以来、常に付いて回ってきたのがエンジンの振動問題です。今年からホンダPUを積むレッドブルの排気管周りに謎のアームが2本繋がれた様子が捉えられたことで、噂好きの面々の新たなネタになりました。

バンドーンの「ホンダが弱点」発言は事実か? 元記事を全文チェック

バンドーンと言えば、「ホンダと決別して弱点は無くなった」発言。母国ベルギーのメディアが伝えたものですが、発言前後の文脈はあまり伝わっていません。そこで、google先生の力を借りて、元記事の全文翻訳に挑戦してみました。

【F1海外反応】「今週のフェラーリは・・・」 F1日本GP決勝の反応

今週は日本GPということで、久々にレース終了後の海外ファンの反応を取り上げてみます。

【F1海外反応】テスト5日目。レッドブル・ホンダがC3タイヤで好タイム。マクラーレンは最速タイムも直後にストップ

F1のシーズン前テストは、5日目を終えました。最速タイムを記録したのはマクラーレンのノリスでした。ただし、直後にコース上でストップして赤旗の原因となるおまけ付きで、不安も感じさせる結果でした。。

【F1海外反応】「あと数レースは見てみよう」開幕戦のトロロッソ・ホンダをどう見る?

2018年のF1開幕戦オーストラリアGPで様々な問題を抱え、完走した1台が最下位という結果に終わったトロロッソ・ホンダ。海外のF1ファンは彼らをどのように見ているのでしょうか。

【F1海外反応】「理に適っている」 レッドブルは直近2戦でホンダのスペック2を使っていた?

エンジンパワーが物を言うスパ・フランコルシャンで好成績を残したレッドブルのアルボンとホンダのパワーユニット。両者の実力を示す結果だと思われていましたが、実情はもう少し異なるようです。

【F1海外反応】第3戦・中国GP FP3終了。レッドブルのPUが盛大にブロー

2018年のF1第3戦・中国GPは、FP3を終えました。FP1,2までと違い、トップタイムはベッテルが記録し、フェラーリの2台がワンツーとなりました。レッドブルのリカルドはのマシンは、走行中に排気管から火を噴いて盛大にブローしました。トロロッソ・ホンダは、14位と16位でセッションを終えています。

【F1海外反応】フェルスタッペンが自身初、ホンダにとっても13年ぶりのポール・ポジション獲得

「やったぜマックス!」 F1第12戦ハンガリーGPで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが自身初となるポール・ポジションを獲得しました。

【F1海外反応】第2戦バーレーンGP FP2終了。トロロッソ・ホンダが中段上位を維持

F1第2戦のバーレーンGPは、FP2を終えました。ベストタイムではフェラーリの2台がワンツーを決めました。3,4位に入ったメルセデスに0.5秒以上の差を付けています。トロロッソ・ホンダは、ガスリーが中断勢最上位と差の無い8位に入り、FP1に続いてなかなかの数字を残しました。オーストラリアGPからの変わり身に、少しずつ海外のF1ファンの話題にも上がり始めています。