モータースポーツ

モータースポーツのニュースや話題にまつわる、主に海外からの情報をご紹介します。

【F1海外反応】第3戦中国GP決勝 レッドブルのリカルドがオーバーテイクショーを見せて優勝

F1第2戦のバーレーンGPは、決勝レースを終えました。優勝はポール・トゥ・フィニッシュを決めたベッテルでした。トロロッソ・ホンダのガスリーもトップ3チームで完走した3台に次ぐ4位入賞を果たしました。トロロッソ・ホンダは2台が下位に沈み、ヘアピンで接触する同士討ちまで演じるなど精彩を欠きました。

【F1海外反応】第3戦・中国GP 予選結果 またしてもライコネンのポールが幻に終わる

2018年のF1第3戦・中国GPは、予選を終えました。FP3の勢いそのままに、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが2戦連続のポールポジションを獲得しました。2番手にはまたしても寸前でポールを逃したライコネンが続き、フェラーリの2台がワンツーとなりました。トロロッソ・ホンダは、15位と17位に終わり、再び苦戦模様となっています。

【F1海外反応】第3戦・中国GP FP3終了。レッドブルのPUが盛大にブロー

2018年のF1第3戦・中国GPは、FP3を終えました。FP1,2までと違い、トップタイムはベッテルが記録し、フェラーリの2台がワンツーとなりました。レッドブルのリカルドはのマシンは、走行中に排気管から火を噴いて盛大にブローしました。トロロッソ・ホンダは、14位と16位でセッションを終えています。

【F1海外反応】第3戦・中国GP FP1,2終了。トロロッソ・ホンダはQ2圏内に収まる

2018年のF1第3戦・中国GPは、FP1,2を終えました。トップタイムはFP1,2共にハミルトンが記録しました。その後には今年のFPで速さを見せているライコネンが続いています。トロロッソ・ホンダは、FP1で11位、FP2で12位が最高位と、ポイント圏内にはわずかに足りない位置にいます。

【MotoGP海外反応】第2戦アルゼンチンGP決勝 半乾きの路面で運営もレースも混乱

2018年のMotoGP第2戦、アルゼンチンGPが終了しました。最高峰のMotoGPクラスで優勝したのは、LCRホンダのカル・クラッチローでした。このレースで話題になったのは、何と言ってもマルケスの接触上等の大暴れでした。

【F1海外反応】メカニックたちの大興奮が物語るトロロッソ・ホンダの4位の価値

F1第2戦のバーレーンGP決勝で、トロロッソ・ホンダは4位入賞と大健闘しました。F1に興味の無かった方からすると、4位は大したことでないように感じられるかもしれませんが、実は結構凄い事でした。その価値はチームスタッフの喜びようで分かるのですが、海外のF1ファンもこれに感じる物があったようです。

【F1海外反応】第2戦バーレーンGP決勝 トロロッソ・ホンダが4位入賞の大健闘!

F1第2戦のバーレーンGPは、決勝レースを終えました。優勝はポール・トゥ・フィニッシュを決めたベッテルでした。トロロッソ・ホンダのガスリーもトップ3チームで完走した3台に次ぐ4位入賞を果たしました。

【F1海外反応】第2戦バーレーンGP予選終了。トロロッソ・ホンダが躍進、中位勢最上位の6位を獲得!

F1第2戦のバーレーンGPは、予選を終えました。ポールポジションを獲得したのはフェラーリのベッテルでした。ガスリーはルノーの2台とハースのマグヌッセンも上回って、フェルスタッペンのクラッシュで開いた3列目のポジションを獲得しました。対照的に、マクラーレンの2台はペースに苦しみ、Q2で脱落しました。

【F1海外反応】第2戦バーレーンGP FP3終了。中位勢は僅差で並ぶ

F1第2戦のバーレーンGPは、FP3を終えました。トップタイムはFP2に続いて他チームに0.5秒の差を付けたフェラーリのライコネンでした。しかし、ナイトレースの昼セッションということで、過信は禁物です。そんな中でも、トロロッソ・ホンダは中位勢上位の8番手に付けていて、ハートレーもガスリーとほぼ同じタイムを記録しています。

【F1海外反応】第2戦バーレーンGP FP2終了。トロロッソ・ホンダが中段上位を維持

F1第2戦のバーレーンGPは、FP2を終えました。ベストタイムではフェラーリの2台がワンツーを決めました。3,4位に入ったメルセデスに0.5秒以上の差を付けています。トロロッソ・ホンダは、ガスリーが中断勢最上位と差の無い8位に入り、FP1に続いてなかなかの数字を残しました。オーストラリアGPからの変わり身に、少しずつ海外のF1ファンの話題にも上がり始めています。