ホーム スポーツ総合 モータースポーツ

モータースポーツ

モータースポーツのニュースや話題にまつわる、主に海外からの情報をご紹介します。

【F1海外反応】「粘り続けたホンダにおめでとう」 11年振りの表彰台を獲得したホンダに海外F1ファンもほっこり

4年に及ぶ下積み生活を経て表彰台に帰ってきたホンダは、大方のF1ファンに暖かく祝福されました。その様子を見てみましょう。

【F1海外反応】「コース上だと格好良い!」ホンダと喧嘩別れしたマクラーレンが2018年のF1マシンを公開

去年、トロロッソ、ルノーにFIAまで巻き込んで喧嘩別れしたマクラーレンとホンダ。そのマクラーレンが今年のF1マシンを公開しました。 パパイヤオレンジというこのマシンの色は、かつてマクラーレンがF...

【F1海外反応】2019年のレッドブル・ホンダ誕生が公式発表! 三強チームの一角とホンダがタッグを組む

レッドブル・レーシングの公式ツイッターで2019年のレッドブル・ホンダ誕生が発表されました。レッドブルは近年のF1チームで三強と言われる存在です。そのレッドブルにホンダのパワーユニットが搭載されます。海外のF1ファンはこのニュースにどのように反応したのでしょうか。

F1 2019年 第2戦バーレーンGP 決勝 グラフ化データ

2019年のF1第2戦バーレーンGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。

F1 2018年 第16戦ロシアGP FP2 グラフ化データ

2018年のF1第16戦ロシアGP・フリープラクティス2(FP2)のデータをグラフ化してご紹介します。

【F1海外反応】テスト最終日。メルセデスが力を解放、フェラーリとほぼ同タイムを記録して終える

最速タイムを記録したのは、前日に続いてフェラーリでした。メルセデスの二人も揃ってアタックを行い、2チームの4人中3人が1分16秒台前半で0.01秒以内にまとまりました。レッドブル・ホンダは前日からの修復が完全でなく、わずかな周回で終えました。

【F1海外反応】テスト7日目。レッドブル・ホンダがクラッシュ、後部を大破。フェラーリは予選タイムの0.1秒に迫る

この日の最速タイムを記録したのは、1分16秒台前半まで突入したフェラーリでした。ルクレールはC2タイヤでも1分17秒253を記録していて、最速マシンの気配を感じさせます。レッドブル・ホンダのガスリーは、9コーナーでバリアにクラッシュしてテスト終了となりました。

【F1海外反応】メカニックたちの大興奮が物語るトロロッソ・ホンダの4位の価値

F1第2戦のバーレーンGP決勝で、トロロッソ・ホンダは4位入賞と大健闘しました。F1に興味の無かった方からすると、4位は大したことでないように感じられるかもしれませんが、実は結構凄い事でした。その価値はチームスタッフの喜びようで分かるのですが、海外のF1ファンもこれに感じる物があったようです。

【MotoGP海外反応】第2戦アルゼンチンGP決勝 半乾きの路面で運営もレースも混乱

2018年のMotoGP第2戦、アルゼンチンGPが終了しました。最高峰のMotoGPクラスで優勝したのは、LCRホンダのカル・クラッチローでした。このレースで話題になったのは、何と言ってもマルケスの接触上等の大暴れでした。

F1 2018年 第11戦ドイツGP 決勝 グラフ化データ

2018年のF1第11戦ドイツGP・決勝のデータをグラフ化してご紹介します。